ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消。

どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消。

ここにフックがあったら便利なのに……と思う場所に限って、吸盤やマグネットがつかなかったりしますよね。賃貸物件に住んでいる場合、壁に穴は空けられないし。

そんなときに便利なのが、どこにでも、なんでも貼りつけられちゃう万能マット。いまや収納は「壁」の時代です。

貼ってはがして
1000回使用

どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消。

「nano MAT」は、なんでも貼れるジェルマット。肉眼ではわからないほど微小な凹凸が、あらゆる面にピッタリとフィット。壁に貼ればどこでも収納スペースになってしまう、超便利なマットなんです。

吸着力が弱くなったら、水で洗えば元通り。1000回は使えるそうです。はがしてもあとが残らないので、賃貸の部屋でも安心です。柔らかく、好きな形に切って使えるのもいいですね。

しかも環境にやさしい素材でできていて、リサイクルもできるのだとか。エコフレンドリーなつくりになっています。どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消。

3kgまでOK
垂直な壁にもピタッ!

どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消。どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消。

垂直な壁に貼ることもでき、3kgまでなら支えられます。もちろん水平な場所に置いて、滑り止めとして使ってもOK。キッチンで食器の下に敷けば、揺れても落ちないちょっとした防災グッズに。車のダッシュボードにつければ、スマホや小銭などが固定できて便利そうです。どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消。

使い方は無限大
たとえば……

どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消。どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消。どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消。

タブレットなども貼りつくので、壁につけてサブスクリーンとして使うこともできちゃいます。あとが残らないので、画鋲がわりにポスターや絵を貼ってもいいですよね。

デスクまわりにひとつ貼っておけば、クリップやふせんなどの細かいものの整理にもよさそう。玄関のドアにハンコや鍵をつけておいたり、使い方は工夫次第で無限大。

「ちょっと不便」の解消にもってこいの「nano MAT」、kickstarterでクラウドファウンディング中です。Licensed material used with permission by Cling Adhesives

関連記事リンク(外部サイト)

折りたたみならぬ「壁収納」ベッド。
いびきをかいたら、そっと膨らんで解消してくれる「やさしいマット」
この絵画の中に、「スピーカー」が隠されている。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy