ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空調設備もあり。近未来の「自転車ハイウェイ」

空調設備もあり。近未来の「自転車ハイウェイ」

建設されればされるほど、生み出される電気は増え、環境に優しい街が形成されていく。

建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第一歩となる「自転車専用ハイウェイ」だった。

排気ガスを減らし
電力を作り出す

空調設備もあり。近未来の「自転車ハイウェイ」

Richardさんが自転車に注目したのは、排気ガスを出さないからだった。自転車のインフラを発展させて多くの人に車やバイクから乗り換えてもらう、というのが彼の狙いだ。

この高速道路は天候に左右されない設計になっているし、暑すぎたり寒すぎたりする日にも耐えられるように空調設備がととのっている。

自転車を持っていない人のために、電動バイクを借りられるシステムも導入予定とのこと。なによりも、利用する人は交通渋滞に巻き込まれる心配がなくなる。

ソーラーパネルと風力タービンが屋根の上に取り付けられているため、ハイウェイで使用する電力はすべて自家発電でまかなえる。もしも余ったら、それを街灯などに利用してもらうために、街に電気を供給する仕組みも考えているようだ。Licensed material used with permission by Richard Moreta

<スマートシティを実現するためのプロジェクト>空調設備もあり。近未来の「自転車ハイウェイ」この道路を走るだけで、バッテリーが充電される空調設備もあり。近未来の「自転車ハイウェイ」走れば走るほど、空気を綺麗にする「タイヤ」空調設備もあり。近未来の「自転車ハイウェイ」圧倒的に人をダメにしてしまう「未来のコンビニ」

関連記事リンク(外部サイト)

あつ〜い夏でも汗をかくことなく、自転車に乗れる「未来の道路」
シティサイクル用「ヘルメット」。厚さ約12cmにたためる!
たしかに「頭と自転車」は濡れない!あとは見た目だけ……

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy