ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都・地下鉄で「にゃんこトレイン」運行 「にゃんこ大戦争」5周年記念し大規模コラボ

京都・地下鉄で「にゃんこトレイン」運行 「にゃんこ大戦争」5周年記念し大規模コラボ

 京都発のアプリ「にゃんこ大戦争」がサービス開始5周年を記念して、生まれ故郷である京都で大規模なコラボキャンペーンを実施します。コラボする相手は、京都市営地下鉄の利用推進プロジェクト「地下鉄に乗るっ」と、京都市公式アプリ「Hallo KYOTO」。そして京都の老舗や観光スポットでも限定コラボ商品が発売され、京都を挙げてのキャンペーンとなります。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 京都市に本社を置くゲーム開発企業、ポノス株式会社によるiOS、Android対応の人気ゲームアプリ「にゃんこ大戦争」。キモカワなデザインのにゃんこが日本全国を舞台にバトルするという、一種シュールなビジュアルと明快な育成・バトルシステムで親しまれ、2012年のサービス開始から全世界3500万人のユーザーが楽しんでいるというタイトルです。

 そのサービス開始5周年を記念して、アプリの生まれ故郷である地元京都を舞台に、京都市公式アプリ「Hello KYOTO」と、京都市営地下鉄利用促進プロジェクト「地下鉄に乗るっ」、そして京都市内の老舗や観光スポットとの大規模コラボキャンペーンが2018年5月10日からスタートしました。

 コラボ内容は非常にバラエティに富んだもの。まずは京都市公式アプリ「Hello KYOTO」を使い、京都市内の地下鉄駅等を巡るデジタルスタンプラリー。「Hello KYOTO」をダウンロードしてアプリ内の「デジタルラリー」を起動。京都市営地下鉄の今出川駅、二条城前駅、東山駅、ジェイアール京都伊勢丹のラリーポイントにある、ポスター内のキャラクター画像を読み込んでデジタル画像を集めま、京都タワーのゴールに向かうと、獲得したデジタルスタンプが1個でもあると「にゃんこ大戦争」オリジナル缶バッジ、スタンプをすべて集めると「にゃんこ大戦争」アプリ内で使える限定EXキャラとして、京都市交通局地下鉄・市バス応援キャラクターの「太秦麗&ネコ」がもらえるというもの。ラリーポイントには、コラボ限定のグッズなどがもらえるチャンスも。

 また、4月30日からは京都市営地下鉄烏丸線で「地下鉄に乗るっ」×「にゃんこ大戦争」がラッピングされたイベント列車「にゃんこトレイン」が運行されています(6月15日までの予定)。

 そして「にゃんこ大戦争」ゲーム内では、5月10日午前11時~6月15日午前10時59分の期間中、「地下鉄に乗るっ」限定ステージで、太秦麗、松賀咲、小野ミサら京都市交通局の市バス・地下鉄応援キャラクターが登場します。

 さらに京都市内の老舗では、期間限定のコラボ商品が発売。鳴海餅本店では「京のにゃんこ饅頭」、パンの志津屋ではコラボパン「にゃんこ大戦争」、小川珈琲では、にゃんこのラテアートがかわいい「にゃんこ大戦争」カプチーノ、大垣書店ではブックカバーとしおりを配布する(なくなり次第終了)ほか、様々な「にゃんこ大戦争グッズが販売されます。これらのコラボ商品を購入・注文すると、コラボ限定の「太秦麗」缶バッジをプレゼント(数に限りあり)。

京都・地下鉄で「にゃんこトレイン」運行 「にゃんこ大戦争」5周年記念し大規模コラボ鳴海餅
京都・地下鉄で「にゃんこトレイン」運行 「にゃんこ大戦争」5周年記念し大規模コラボ志津屋
京都・地下鉄で「にゃんこトレイン」運行 「にゃんこ大戦争」5周年記念し大規模コラボ小川珈琲

 ポノス株式会社は5月12日~13日に京都市の「みやこめっせ」で開催されるインディゲームのビッグイベント「BitSummit Volume 6」にも出展予定。今年初夏のリリースを予定する新作「京刀のナユタ」についての発表も期待されます。

情報提供:ポノス株式会社

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ドラクエの世界を全身で体感 「ドラゴンクエスト VR」新宿にて稼働
「ロックマン30周年記念ライブ」開催決定 30年の歴史を彩った選りすぐりの名曲、人気曲をチョイス
「不思議のダンジョン」チームがおくる「世紀末デイズ」4月19日にβテスト開始

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。