ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初夏の一瞬を目撃!一年で一番美しい日本の絶景13選【東日本】

新倉山浅間公園

窓を開けるとふわ~っと緑の香りが漂う季節。ぬくぬくお布団が気持ちよかった春も終わり、外では夏への準備が始まっています。渓谷に緑が芽吹き、海は光を放ちはじめるそんな「初夏の一瞬」を目撃する旅に出かけませんか。

今回は、改めて日本の美しさを思い知る、初夏の絶景スポットをご紹介致します。今だけの新緑絶景をはじめ、真っ赤に広がる圧巻のポピー畑や、富士山を背に四季折々の花が咲き誇る公園など、どこも一度は訪れてみたい絶景スポットばかり。ぜひ今度の旅行の参考にして下さいね。

記事配信:じゃらんニュース

1.新倉山浅間公園【山梨県富士吉田市】

世界中の旅行者が見つけた「麗しき日本」がここに。

新倉山浅間公園新倉山麓から398段の階段を上った中腹に位置する絶景の公園。さらに15分ほど上った場所にアヤメ群落もあり、5月下旬~6月上旬に見頃を迎える。

今だけ絶景:新緑

富士山と五重塔、そして桜を一つのフレームにおさめ「ザ・ニッポン」な写真が撮れると有名になった新倉山浅間公園。外国人観光客からの人気は絶大で、この風景を見るために来日する人も少なくないという。桜のシーズンが過ぎると園内は少し落ち着きを取り戻すが、目の前に広がる景色はやはり絶景だ。輝くような葉桜の向こうに続く富士吉田の町、残雪の富士山。もてはやされようが忘れられようが変わらない、悠然とした美しさがある。 新倉山浅間公園

TEL/0555-21-1000(ふじよしだ観光振興サービス)

住所/山梨県富士吉田市新倉3353-1

アクセス/富士急行線下吉田駅より徒歩10分

駐車場/120台

「新倉山浅間公園」の詳細はこちら

2.花の都公園【山梨県山中湖村】

花の都公園

今だけ絶景:チューリップ

富士山を背景にした30万平方メートルの敷地に四季折々の花が咲き乱れる公園。5月上旬はチューリップ、5月上旬~6月中旬はネモフィラが満開。 花の都公園

TEL/0555-62-5587

住所/山梨県南都留郡山中湖村山中1650

営業時間/8時30分~17時30分

定休日/なし(冬季は火)

料金/有料エリア大人500円、小中学生200円

アクセス/富士急行線富士山駅より周遊バス「ふじっ湖号」30分

駐車場/220台

※開園時間・入場料は4月16日~10月16日のもの。季節により変動あり

「花の都公園」の詳細はこちら

3.竜神大吊橋【茨城県常陸太田市】

希望の風をはらんで泳ぐ色とりどりの鯉のぼりたち。

竜神大吊橋竜神ダムの上に架かる高さ100m、長さ375mの橋で歩行者専用橋としては本州一の長さを誇る。今年で29回目となる鯉のぼり祭り期間中(~5月13日)は物産市や様々なイベントも実施

今だけ絶景:こいのぼり

良く晴れた竜神峡の空に大量の鯉のぼりがはためき、初夏の訪れを告げている。その数、およそ千匹。全国からの寄付で集まったものだそうだ。5月の風物詩となったこの風景が生まれたのは、平成元年に竜神大吊橋の建設が決まった時。仮設イメージのため鯉のぼりを泳がせたことが発端らしいが、橋よりも鯉のぼりの方が先だったとは意外である。長さ375m、高さ100mの橋の上からは竜神峡の大パノラマを展望。普段はバンジージャンプの名所としても有名なので、度胸のある人は挑戦してほしい。 竜神大吊橋

TEL/0294-87-0375

住所/茨城県常陸太田市天下野町2133-6

営業時間/8時30分~17時(悪天時通行制限あり)

定休日/なし

料金/大人310円、小中学生210円

アクセス/JR常陸太田駅より茨城交通バス入合行45分、竜神大吊橋下車

駐車場/265台

「竜神大吊橋」の詳細はこちら

4.八幡平ドラゴンアイ(鏡沼)【岩手県八幡平市】

八幡平山頂のニュースポット!自然の神秘が作り出す光景。

八幡平ドラゴンアイ東北全体を龍の頭に見立てると陸奥湾が口で、ちょうど目の位置になる

今だけ絶景:自然が創り出す神秘の絶景

雪解け時期の5月中旬~6月上旬に現れる。自然現象なので、必ず目の形ができるとも限らない。気象条件次第だ。八幡平ドラゴンアイ解け始めから消失までの期間は約2週間、日々刻々と形が変化する

八幡平山頂散策路にある鏡沼の雪解けの姿。ドーナツ状に雪が解け、水面が空を映して青く輝く。2016年に外国人旅行者が訪れ、龍の眼のように見えることから、「八幡平ドラゴンアイ」としてSNSに投稿し話題になった。鏡沼の周囲には他に幾つかの沼があるが、円形に雪が解けるのはここだけ。その年の気象状況によって雪解けの様子は異なり、水面が青く澄んでいる姿は日々変化を続ける。美しい龍の眼を見られるのは運が良い時のみだ。八幡平山頂レストハウスから散策路を約15分歩くと見える。雪の上を歩くので、長靴や上着を準備して行こう。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。