ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“海”について楽しく学べる学校が湘南に開校! 誰でも参加できる「湘南VISION大学」の魅力

“海”について楽しく学べる学校が湘南に開校! 誰でも参加できる「湘南VISION大学」の魅力
J-WAVEで放送中の番組『SUNRISE FUNRISE』(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「TANAKA KIKINZOKU GROUP SWITCH FOR 2021」。5月6日(日)のオンエアでは、湘南に開校したばかりの「湘南VISION大学」に注目しました。“大学”という名前はついているものの、いわゆる市民大学で、子どもからお年寄りまで誰でも参加できる“海の学び場”です。

■クルージングからみかん狩りまで

「湘南VISION大学」のテーマは「海をもっと楽しもう」です。誰でも気軽に参加できる楽しい授業が用意されていて、海に触れたり、海の魅力を体験できるフィールドワーク、ワークショップが多く行われます。

「湘南VISION大学」を運営している片山清宏(NPO法人 湘南ビジョン研究所 理事長)さんに授業内容を伺いました。

片山:たとえば、親子でボディボードを体験したり、神奈川県三浦郡葉山町でクルージングをしたり、みんなでビーチクリーンをしたり、海に潜って海の中の掃除をしたり。ほかにも、海の見える小田原の農園に行って、みかん狩りをしたりなど、いろいろな授業があります 。
レイチェル:「湘南VISION大学」をつくろうと思ったきっかけは?
片山:私は海が大好きで、地元の湘南の海岸で20年以上ビーチクリーンを行ってきたんですけど、海岸のゴミの量は減っていなくて、むしろ増えてるんです。目の前のゴミを拾うのは大切だと思うものの、それでは根本的な解決にはなりません。どうしようかと思った結果、「海の環境教育が大切なのではないか」と思い、海のことを学べる学校をつくろうと思いました。

■なくならないゴミ

レイチェル:プラスチックのゴミが多いということで、どんな問題が気になりますか?
片山:マイクロプラスチックの問題があります。街に出たプラスチックゴミが、川を通して海に出てしまいます。 海で紫外線を長期間浴びてプラスチックが粉々の粒子になると、世界中の海に漂ってしまいます。
レイチェル:それは、魚たちや海の生態系に大きく影響しますよね。
片山:マイクロプラスチックになってしまうと、有害物質がくっついてしまいます。それが濃縮されて人の体の中に入ってしまい、体の中に残ってしまうんです。

この問題は「湘南VISION大学」でも取り組んでいきたいとのこと。

片山:たとえば、レジ袋を使わず布製のものを使うなど、一人ひとりができることから始めていく、それが社会全体に広まっていくと、解決の大きな力になっていくのではないかと思ってます。

■先生になれる

5月5日(土)に行われた開校式には、120人以上が集まったそうです。どんな人たちが集まったのでしょうか?

片山:海が大好きな人がたくさん来ていて、サーファーや釣り人、ダイバーなど、海に入っている人はもちろん、海の水質や生物を研究している人やビーチクリーンをしている人、海の写真を撮り続けているカメラマン。それに、海のある暮らしに憧れて都内から移住してきた人など、さまざまでした。

「湘南VISON大学」では、自分で授業を企画して先生になることもできます。「誰でも先生、誰でも生徒」として進められます。海を体験するとなるとハードルが高い、と思っている人でも参加できる、楽しい学び場を考えていて、今まで海に触れ合う機会がなかった人にも、ぜひ参加してほしいとのことでした。

■目標は1万人

2020年の東京オリンピックでは、セーリング競技が湘南の江の島で開催されます。世界中から、湘南の海が注目される絶好のチャンスです。

片山:オリンピックをきっかけに、マリンスポーツだけではなく、海の環境問題に関心を持つ人を増やしていきたいです。私たちのミッションは“海を守り、未来をつくる”です。「湘南VISION大学」をとおして、綺麗な海と共生した健康的なライフスタイルを実現できるような、環境に配慮されたサステイナブルな街をつくっていけたら、という大きなビジョンがあります。

目標は1万人の卒業生を送り出すこと。みなさんさんも「湘南VISION大学」をぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SUNRISE FUNRISE』
放送日時:日曜 6時ー9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。