ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アン・マリー、エド・シーラン共作の「2002」ミュージック・ビデオ公開

アン・マリー、エド・シーラン共作の「2002」ミュージック・ビデオ公開

 デビュー・アルバム『スピーク・ユア・マインド』が母国イギリスで初登場3位を獲得したアン・マリーが、「2002」のミュージック・ビデオを公開した。

アン・マリー MV

 「2002」は旧友であり、現在2度目のヨーロッパ・ツアーを一緒に行うエド・シーランと共に制作した楽曲で、彼女が2002年に経験した初恋や、聴いてきた音楽にオマージュを捧げた楽曲になっている。ブリトニー・スピアーズの「ベイビー・ミー・ワン・モア・タイム」や、イン・シンクの「バイ・バイ・バイ」、JAY-Zの「99プロブレムズ」、そしてネリーの「ライド・ウィズ・ミー」の歌詞の一部がサビに織り込まれ、ミュージック・ビデオもそれぞれのビデオを彷彿させる遊び心満載のビデオに仕上がっている。

 幼少期に空手の世界大会で優勝経験もあるアン。今回、デビュー・アルバム発売を記念して、日本にまつわるクイズに挑戦した動画が現在YouTubeで公開中。クリーン・バンディットの大ヒット・シングル「ロッカバイ」で注目され、人気DJマシュメロとコラボしたシングル「フレンズ」が大ヒット中のアンが、「ウソ」か「本当」か答えるシンプルなこのクイズ。彼女の100点満点以上のリアクション芸(?)にも注目だ。

◎「2002」ミュージック・ビデオ
https://youtu.be/Il-an3K9pjg
「アン・マリー – 日本文化のウソ? ホント?」
https://youtu.be/SpqCXPnfCOA

◎リリース情報
アルバム『スピーク・ユア・マインド』
2018/4/27 RELEASE
WPCR-17999 1,980円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

『スピーク・ユア・マインド』アン・マリー(Album Review)
エド・シーラン、ザ・ポーグス「ニューヨークの夢」をアン・マリーとデュエット
ついにレゲエと融合!クリーン・バンディットが新曲でショーン・ポールらとコラボ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。