ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつかに備えてスキルアップ! 主婦業のかたわら資格勉強にチャレンジ

f:id:akasuguope01:20180315181157j:plain

学生時代、遊びほうけていた私。「もう遊び疲れた~」なんていいながら社会人になったため、早朝から深夜までがむしゃらに働く、いわゆるブラック企業でも頑張れたのではないかと自負しています。

たくさん遊んだ学生時代ゆえ、勉強は必要最低限しかしませんでした。試験前に「間に合わない……!」と真っ青になりながら、教科書を必死に暗記しようとしている夢を未だに見るほどです。

その場しのぎの勉強しかしてこなかったので、「学ぶ」ことから離れた今、「もっといろいろと学んでおけばよかった」と後悔することがしばしばあります。 関連記事:家事と育児だけじゃ生ぬるい!? みなぎるやる気を持て余し、通信講座で資格ゲットを目論むが…

特に第三子出産後は、なぜか「知識を得たい! 勉強したい!」と意欲的になっていました。手に職をつけられたり、資格があったりすれば将来、育児が落ち着いたときに職場復帰しようとしても、需要はあるかもしれない、という思いにいたったのです。

しかし、私はびっくりするほど不器用です。センスもないので、たぶん「手に職」系の仕事は適性がない、と自己判断しました。

そこで、選んだのが「資格取得のための勉強」です。これも非常にズル賢い考え方で「需要があるけど、難易度が低めの公的資格を狙おう!」と、ものすごい不純な動機である資格を選んだのです。当時、第三子が生後6ヶ月でした。

その資格は業界の専門的知識がある人の方が有利ではあるものの、身近なことでもあるので頑張れば覚えられそうな内容。

ただ、私はもともと勉強嫌いなので普通にやっていては絶対に続かないことがわかっていました。そのため、とにかく継続できるように「おもしろさ」を重視して教材選びをしたのです。動画サイトだったり、マンガだったり、音声講義だったり、ありとあらゆる教材を試しました。

「続くかな……」と心配はしていましたが、これまで眠っていた脳が久々に活性化されたからか「なんかおもしろい!」と感じ、時間があれば勉強をするようになっていたのです。

しかし、熱しやすく冷めやすい性格でもある私。最初のうちは頑張っていても、だんだんと弱火になっていってしまうのです。

この資格勉強も育児、家事をこなしながら実は半年近く細々と続いていました。

しかし、1日おきの勉強が3日おきになり、その後は1週間後になり……と気づいたら、フェードアウトしてしまっていました。

もう少し頑張っていれば資格試験を受けられて、今では資格を取得していたかも……なんて考えるとちょっともったいない気もしますが、久々に新しい知識を吸収したこと、そして今までには触れたことのない分野にチャレンジできたことはよかった……かも、と思っています。

子育て、そして主婦業と勉強の両立はなかなかどころかかなり大変ですが、私の周りにはちゃんと両立している人もいます!

私もいつかリベンジできたらいいなぁと思いつつ、なかなか行動に移せていません。 関連記事:ママの就活、立ちはだかるハードル。派遣切りから子持ち復帰までの長い道のり

f:id:akasuguope01:20180315174500j:plain

著者:ゆめさい

年齢:34歳

子どもの年齢:9歳、7歳、2歳

元気いっぱいな3人の子どもたちにふりまわされている? ふりわましている? 3児の母です。「明日こそダイエット開始!」と「明日こそ優しく!」が口グセになり早●年……。日に日に「きれいで優しいママ」からは遠ざかっていますが、たくましい母ちゃん目指して日々精進しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

子どもの前で泣いちゃいけない!そう思うほど止まらなかった涙を拭ったのは…
保育園に預けるのはかわいそう?ーその答えは、私と私の家族の笑顔にある by はちや
仕事の方が楽だった。でも育休中に過ごしたかけがえのない時間は宝物

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。