ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「石川県でアイドルやらんけ?」本気のアイドルオーディションするし応募して!

石川県金沢市にある小さな芸能事務所クールイシカワエンタテインメント(CIEが、異例のアイドルオーディションを行う。現在アイドル候補生を募集中だ。

何が異例か? というと、グランプリ受賞者になんと賞金30万円を出すのだ。東京大手の芸能事務所のオーディションとは比べものにならない額だが、地方のローカルアイドル(ロコドル)事務所とすれば結構凄いこと。

CIEには、全国的に知名度が高い「おやゆびプリンセス」がいた。フランスで毎年開催される「EXPO JAPAN」という、過去にAKB48やももクロも出演したビッグイベントのステージに立ち今後が注目されたが、メンバー個人の今後の方向性など総合的に考え4月に一旦解散となった。

そんな経緯もあって、新しいアイドルを生み出すべく規模を膨らませたオーディションを行うことにしたそうだ。

詳細は以下の通り。アイドル好きのお笑い芸人・クロちゃん(安田大サーカス)を迎えキャンペーンを展開中。7月31日に開催する公開オーディションには特別審査員として石川県に参上する。

【クールイシカワエンタテインメント アイドルオーディション2018】

■募集期間  4月1日~5月末日
■募集方法  インターネット ://oya-pri.com 書類
■一次審査  書類選考6月末までに通知
■二次審査  会場(公開)審査 ゲスト審査員・審査員5名程度 7月31日(火)
■募集内容
ハイパフォーマンスを目指す新グループ
「おやゆびプリンセス」の名前を継ぐグループ
ソロで戦える個性あるソロアイドル
■募集対象
・中学生(12歳)以上の女性であること。
・経験は不問。
・芸能事務所等と専属契約をしていない。
・2年以上活動を続けられること。
・金沢・小松などでのレッスンに参加できること。

■その他
・グランプリ獲得者賞金30万円 (1名、2年契約必須・1年以内の解除は半金返金)
・グランプリ賞金5万円 (最大3名まで。2年契約必須・1年以内の解除は半金返金)
■募集主体
クールイシカワエンタテインメント(一般社団法人石川県オタク文化推進委員会)

※スマホやケータイの方は、PCからのメール受信制限を解除しておいてください。

申込フォーム→https://ws.formzu.net/fgen/S56905567/

履歴書での応募について→https://oya-pri.com/募集要綱/履歴書での応募について/

ご質問やご相談などはこちらから→[email protected]

※HP( https://oya-pri.com/)

 

今回のオーディションについて、CIE代表の西良弘さんにお話を伺った。

―地方のアイドルオーディションで賞金を出すのは異例ですね?

西「そうですね(笑)。つまりは、それだけ“本気ですよ”ってことなんです。地方の小さな事務所ですけど、賞金も設けるほど本気だという意思表示をして、“本気でやる気のある女の子”を選出しようと。石川テレビさんのバックアップも戴けて、テレビCMも打ちます。イオンで公開オーディションも行う予定です」

おやゆびプリンセスの実績はかなりのバックボーンとなるはず。期待は膨らむ。

―本気の真意をもう少し詳しく

西「今までが本気じゃなかったってわけじゃないんですけど(笑)、募集内容にもあるように“ハイパフォーマンス”を目指したいんです。というのも、今後は本格的に石川県から全国で活躍できるアイドル・タレントを輩出するのが目標なんです。歌やダンスに自信がなくても、レッスンを受けて身につければいい。欲しいのは“本気とやる気”です。別に石川県在住じゃなく、近県でも事務所に通える方ならOKです。金沢に移住してもらっても問題ありません(笑)」

石川県発の本気でアイドル

オーディション 2018年6月号 (2018年05月01日発売)
Fujisan.co.jpより

西さんが、“本気とやる気”にこだわるにはワケがある。ロコドルはAKB48の人気で全国的に急増し、多いときで約800にも膨らんだが、現在は450程だという。当初は10代前半だったりした女の子も、高校生、大学生、社会人となり、現実的に将来を見据える年代に入ると見切りをつけ消えていった。

多くのロコドルは、地域起こしやキャンペーンで結成するケースが多い。とすると活動には期間があるもので、また事務所によっては、にわかでアイドルを作り、もう上がり目もないと判断してさっさと解散させる場合もある。ブームに陰りはあるしビジネスでもあるからそれを否定するつもりはない。女の子も“思い出づくり”くらいの軽い気持ちで活動していた子が多いはず。

しかし、中には本気でアイドルを夢見て“チャンスを掴んだ”と思った子もいる、最初は軽い気持ちだったが本気になった子もいる。それなのにグループが解散になって、夢を諦められず東京に進出した子も多い。女の子の本気とやる気の先にある夢を、大人の都合や情熱の冷め具合で潰したならば、管理者は無責任だ。

おそらくその根底には「地方だからいっか」というマイナー意識があることは否めないだろう。女の子に本気とやる気を求めるのはもちろんだが、その前に大人が本気とやる気でかからなければいけないってこと。

「ロコドルを“本気”で全国区へ広めようという意識の高い事務所は一握りだけ」、と西さんは言う。CIEは、地方の石川県からでも土台がしっかりしたアイドル・タレントを発信し、全国で芸能活動が通用する事務所のパイオニアになろうとしているわけだ。

一緒に頑張ろって!

人気を誇った「おやゆびプリンセス」は解散したが、メンバーだった2人はソロ活動を展開し、毎日のように地元や遠征でステージを展開させ頑張っている。今回のオーディションに対して、2人はこう呼びかけている。

鳥嶌鈴(とりしまりん)

「私達と一緒に、石川県からアイドルパワーを発信させていきましょう!」

ぷにたん

「本気で取り組めば、地方の事務所でもメジャーデビューできます。JAPAN EXPOでフランスに行ったり、東京アイドルフェスティバルに出られたりもするんです! 次はあなたの番です! お待ちしています!」

ちょっとでも興味があったら、ちょっとの本気とやる気があったら、踏み出してみよう。その一歩で人生が大きく変わるかもしれない。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy