ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

32か国を巡る「ハネムーン世界一周」をした夫婦が決める、おすすめの国トップ5!

32か国を巡る「ハネムーン世界一周」をした夫婦が決める、おすすめの国トップ5!

こんにちは。TABIPPO世界一周ゼミ生で、ハネムーン世界一周の旅に出た前田夫妻です。2017年6月1日に出発した私たちの旅は、8ヶ月半で32カ国、80都市を巡りました。

帰国してからはお互いの家族や友人など、本当にたくさんの人たちと会って話をしたのですが、決まって聞かれるのが「どこの国が良かった?」という質問です。

TABIPPO世界一周ゼミ生の連載企画として続けてきたライターとしての記事も今回が最後ということで、最後は「どこの国が良かった?」という質問に対して、ランキング形式でお答えします!

ちなみに、私たちはハネムーンとして二人で旅をしていたので、今回は「カップルや夫婦で旅をするときにオススメの場所」をご紹介します!

 

私たちはどんな旅をしたのか

photo by shutterstock

ランキングの前に、まずは私たちの世界一周はどういったものだったのかを紹介します。

私たちは世界一周航空券の中でも「ワンワールドエクスプローラー」という、世界を6つの大陸ゾーンに区分し、運賃やルールを決めているものを利用しました。最大16フライト、最長1年間まで旅程に組み入れることができます。

私たちは大まかなルートを世界一周航空券で繋ぎ、残りはLCCやバスを使って各地を巡りました。

世界一周のルートはこちら。

マレーシアやタイ、カンボジアなどを訪れたアジアからエジプトまでフライトで飛び、東欧諸国を北上。その後ヨーロッパを周遊し、スペインから南米大陸のアルゼンチンへと移動。

かねてから行ってみたかったアルゼンチン、チリにまたがるパタゴニア地方を周り、イースター島をはさんで、ペルー、ボリビアへ。そして最後はハネムーンらしくメキシコのカンクンやアメリカのハワイというリゾート地を訪れ、日本に戻ってきました。

それでは、私たちが選ぶ「カップルや夫婦で旅するときにオススメの場所」ランキングの発表です!

 

第5位  アメリカ ハワイ

photo by tetsuto maeda

言わずと知れたリゾート地ハワイ。実は世界一周航空券のワンワールドエクスプローラーでは、ルートにハワイを組み込むことが可能です!ワイキキビーチにダイヤモンドヘッド、テレビのCMでお馴染みの「この木なんの木」。どこをとってもカップル・夫婦旅にはもってこい場所です!

日本からのアクセスの良さも考えると世界一周の中で行かなくても良いかもしれませんが、帰国前の最後の都市をハワイにして、私たちとしては「旅の終わり」をしっかりと意識することができて大満足でした。

 

第4位 イタリア ローマ

photo by tetsuto maeda

photo by tetsuto maeda

こちらも言わずと知れた観光地!日本からもたくさんの旅行者が訪れますが、遠く離れた日本でも有名ということは、やはりそれだけ見応えがあるということ。

コロッセオや真実の口、トレビの泉など巡る旅はまさに「THE 観光!」。節約生活を送ることが多い長期旅行者の方でも、たまには存分に観光を楽しんでみるのも旅にメリハリがついて良いかもしれませんね。

 

第3位 クロアチア ドブロブニク

photo by tetsuto maeda

こちらも日本の中で人気のある場所です。結構ミーハーな場所だなーなんて思っていましたが、実際に訪れてみるとやっぱり良い!と思ってしまいました。

「魔女の宅急便」のモデルとなった、と言われる街並みを見下ろせるスルジ山からの景色には息を飲んでしまいますよ!

photo by tetsuto maeda

ドブロブニクといえばスルジ山からの景色や旧市街ばかりに目がいってしまいますが、実は海水浴もできるんです!

まるで船が浮いているように見えるほど透明度の高いアドリア海の海に温暖な気候。クロアチアの海岸沿いに浮かぶ美しい島々。ドブロブニクを訪れるのは海も楽しむことのできる夏場がオススメですよ!

第2位 ギリシャ サントリーニ島

photo by shutterstock

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy