ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マップなしに道を探し出せるシステム「MapLite」、MITが開発

カーナビゲーションが発売されたばかりの頃は、当然ながら今より情報量が少なく、そして処理も遅かった。町外れに行くと、地図が真っ白なんてことはざらにあった。そんなときは、ドライバーが自分の目で確認しながら判断しなければならない。

マップや標識などを頼りに走る自動運転車もそれは同じだ。“目印”となるものがなくても走行できなければ、運転は難航する。しかしそれを可能にするシステム「MapLite」をMITコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)が開発した。

・どこが道かを判断

現在の自動運転車は人や障害物といったものをカメラやレーダーでとらえて衝突などを避け、標識やライン、中央分離帯などを“目印”に道を認識している。

しかし、都市部ではそれでいいかもしれないが、田舎に行くとそうはいかない。そもそもラインがなかったり、自然豊かなところだと木々や落ち葉、雪などで標識やラインが見えなかったりすることも。

そこで、MapLiteでは、GPSで基本的な位置を取り込みながらも、センサーやLiDARで目の前の状況を“見て”、周囲より平坦な部分をとらえ、どこが道なのかを判断する。道路の縁を検出することで道幅もわかる。

・山道や急傾斜に課題

しかし、人間の運転でも見誤るということはあるように、MapLiteもまだ全ての状況に対応できるわけではない。CSAILが公開した映像によると、山道や、急勾配なところではまだうまく判断できないようだ。

もちろんその点を改善するべく現在も開発が進められていて、今後、都会のカオス的な道路も、道なき道も運転できるようになったとき、真の自動運転と呼べるのかもしれない。

MIT

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy