ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『5月9日はなんの日?』ビリー・ジョエルの誕生日、18年も精力的にコンサート活動継続中

『5月9日はなんの日?』ビリー・ジョエルの誕生日、18年も精力的にコンサート活動継続中

 5月9日はビリー・ジョエルの69歳の誕生日。

 ビリー・ジョエルは1949年5月9日、アメリカ・ニューヨーク生まれ。ジョエルが最初に音楽シーンの注目を集めたのは、1973年に発表した『ピアノ・マン』。同作は全米ビルボード27位に輝き、自身のことを歌った同名楽曲も全米ビルボード25位のヒットを記録した。以降、これまで13曲の全米ビルボードTOP10ヒット(うち3曲が1位)、『ニューヨーク52番街』(1978年)など4枚の全米No.1アルバムを輩出、都会を生きる人々の心情を描いた楽曲で多くの人の心に寄り添い、ニューヨークのみならずアメリカの国民的アーティストの一人として、長きにわたり第一線で活躍を続けている。

 69歳を迎えたビリー・ジョエルだが、2014年1月から毎月開催しているマディソン・スクエア・ガーデンの定期公演のほか、米国内を中心に2018年も精力的にコンサート活動を継続中。また、プライベートでは昨年10月に妻アレクシスとの間に夫妻にとって2人目の女児となるレミー・アンちゃんが誕生。元妻のクリスティー・ブリンクリーとの間に1985年生まれのアレクサ・レイを含め3人の娘のパパとなった。

関連記事リンク(外部サイト)

ビリー・ジョエル、68歳で再び父親に
『5月8日はなんの日?』EW&Fのボーカリスト、フィリップ・ベイリーの誕生日
『5月2日はなんの日?』“キング・オブ・ロック”忌野清志郎の命日

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。