ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ユースfeat.カリード」ショーン・メンデス(Song Review)

「ユースfeat.カリード」ショーン・メンデス(Song Review)

 ショーン・メンデスの新曲「ユース」は、【第60回グラミー賞】で主要<最優秀新人賞>含む計5部門にノミネートされた、R&Bシンガーのカリードがフィーチャーされている。

 制作は、そのカリードとショーンの他、ショーンの代表曲「スティッチーズ」を手掛けたテディ・ガイガーや、前2作に楽曲提供したカナダ出身の音楽プロデューサー=ジェフ・ウォーバートン、TOP10ヒット「トリ―ト・ユー・ベター」を制作したスコット・ハリスなど、お馴染みのメンバーによるもの。ロードの『ピュア・ヒロイン』(2013年)や、カリードの『アメリカン・ティーン』(2017年)を担当したニュージーランドのソングライター、ジョエル・リトルがプロデューサーとして起用されている。

 アコースティック・ギターのリフが特徴的で、ショーン・メンデスらしいといえばらしいが、これまでリリースしてきたシングルには、あるようでなかったタイプの曲。ラテン・ノリのサウンドに乗せて、ショーンとカリードが相性良くボーカルを重ねる、ポップとR&Bの融合。ジャンルは違えどまったく違和感なく、寄り沿って醸しだされる魅力は、どちらも1998年生まれだからこそ、のもの。風通しの良いサウンドは、来たる夏の夕暮れやドライブのBGMにも最適。

 卓越したメロディ、バックサウンドはもちろんのこと、同曲は歌詞の世界も奥が深い。その内容は、昨年英ロンドンで起きたテロからインスピレーションを受けたもので、リリース直前にショーンがSNSに投稿した画像には、詞の一部である「誰も若さを奪うことはできない」というメッセージがあったり、「再び大惨事に満ち、僕の心は壊れた」など現在の社会的、政治的な言及を含んでいる。絶えない暴動に対し、両者は声明を出さなければならない、若者がどう感じているのかを書くべきだ、と立ち上がったワケだ。

 カリードの『アメリカン・ティーン』にも、同様のメッセージ・ソングが多数収録されている。彼は、「若者たちの代弁者になりたい」と以前インタビューで話し、自分の立場で今何が出来るか、ということをアピールした。デリケートな内容だけに、捉え方によっては批判されてしまうこともあるが、安っぽさは微塵もなく、熱くもクールなメッセージの側面がきちんとパッケージされている。両者にとって、アーティストとしての成長を伺わせる1曲になったのでは?

 同曲は、5月25日に発売予定の3rdアルバム『ショーン・メンデス』からの先行シングルで、3月には「イン・マイ・ブラッド」と「ロスト・イン・ジャパン」の2曲がリリースされている。2015年の1stアルバム『ハンドリトゥン』、2016年の2ndアルバム『イルミネイト』が2作連続で米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)1位を獲得したショーン。本作で3作連続の快挙を達成することは間違いなさそうで、この3曲の出来栄えから、アルバムの完成度が如何なものか、内容についての期待も高まる。

 しかし、このサウンド・センスにリリック、ベテラン臭さえ漂わす落ち着きっぷりに、まだ19歳という事実が飲み込めない。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「ユースfeat.カリード」
ショーン・メンデス
2018/3/3 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

ショーン・メンデス、【メットガラ】にヘイリー・ボールドウィンとともに登場
カミラ・カベロ、ショーン・メンデスとのキュートなポラロイド写真を投稿
ショーン・メンデス、「イン・マイ・ブラッド」のMVを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy