ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歯磨きに慣れてもらうには!? スリーステップの赤ちゃん用歯ブラシを購入

f:id:akasuguope01:20180307221841j:plain

息子を出産して半年が経った頃、周りの先輩ママやインターネットを参考に離乳食をスタートしました。

そこで、私の中である疑問が思い浮かびました。

「赤ちゃんっていつ頃からどうやって歯磨きをするの?」

息子は離乳食を始めた頃は、まだ歯がはえておらず、歯茎でつぶせる程度のものを食べさせている状態。ただ8ヶ月近くなると、下の前歯が2本はえてきていたので、そろそろ歯磨きのことを考えた方がいいのかなと思うようになりました。

8ヶ月になった息子は、しっかりとご飯を食べるようになり、小柄ではありましたが徐々にハイハイやつかまり立ち、一人歩きができるようになっていきました。

そして、私や夫が歯磨きをしていると興味があるようで、自力で洗面所へ来ては、手を伸ばして自分もしたいという意思表示もしてくるようになりました。

関連記事:歯磨きを楽しい時間にしよう♪ 歌に合わせてブラッシングの習慣付け

そんなある日、週末家族でお出かけしたときにドラッグストアに立ち寄り乳児の歯ブラシを見てみることにしました。そこで、スリーステップに分かれた赤ちゃん用に歯ブラシが目に入りました。

1本目は短めで、喉に入っていかないように大きめの丸いカバーが取りつけられるようになっていました。

これは、離乳食初期の歯がはえ始めた赤ちゃんが歯ブラシに慣れるための歯ブラシで、先がシリコン上になった柔らかいものでした。

2本目は1本目と同じく短めで、先が小さめのヘッドの歯ブラシ。

3本目は、一般的な子ども用の歯磨きより少し小さめサイズの歯ブラシになっていました。

息子はなんでも私たちの真似をするのが大好きなので、一緒に向かい合って歯磨きをすればスリーステップの歯ブラシを上手に使いながら覚えていってくれると思った私。

さっそくこちらを購入して、小さな頃から歯ブラシを持たせて慣れさせることにしました。

歯ブラシを手に入れた息子は順調に歯磨きに慣れていき、2歳を過ぎた今では、ご飯が終わったら自分から「ゴシゴシしたい」と言い、夫の手をひいて洗面所に行くようになりました。

私か夫が仕上げをしてあげると、うがいも上手にして、毎晩恒例の虫歯予防のタブレットを食べてご機嫌に過ごしています。

まだまだ、新米ママではありますが、これからも息子の成長を喜びながらいろんなことを経験させてあげたいなと思いました。 関連記事:歯磨きで赤ちゃんが大泣き!ガーゼを使って徐々に慣らしていくと…

f:id:akasuguope01:20180307221229j:plain

著者:ひめ

年齢:31歳

子どもの年齢:2歳8ヶ月、7ヶ月

家中を暴れまわる元気な息子の育児に奮闘しながら、腹ばいで行動範囲を広げている娘の成長に驚かされながら毎日を過ごしています。まだまだ新米ママですが、自分が経験したことを文章にすることで、これから出産や妊娠を控えている女性の支えや参考になるものが書ければと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

不安だった歯医者デビュー。子どもの扱いに慣れている小児歯科でよかった!
肉、肉、肉、そして揚げ物!食の好みが芽生えた息子の第二次ご飯大戦! by shin
歯磨き後の唾液がピンク色に!? 歯の生え始めは仕上げ磨きが難しい

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。