ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1泊2日で疲れが癒える、魔法の国への扉の呪文は?「今日は定時で帰ります」【星野リゾート リゾナーレ熱海】

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

ある日、TABIZINE編集部に届いたお知らせ。言わずと知れた、あの星野リゾートが手掛けるリゾナーレ熱海から、なんとも贅沢な花金プランが登場したと言うのです。いてもたってもいられず、一足先にリゾナーレ熱海の花金プランを体験してきました!

金曜夜は残業しません、今日は定時で帰ります

さて、勝手に花金プランと称していますが、正式名称は「今日は定時で帰ります ぜいたく朝寝坊編」です。

“ぜいたくな夜更かし&朝寝坊”というテーマのもと、働き盛りの女性たちへ、週末の有効活用を提案するこのプランは、金曜日の夜〜土曜日の昼までをリゾナーレ熱海で贅沢に過ごすという内容。

「金曜の夜なので予定がありまして、本日は17時で失礼致します」
そう言って、早々に仕事を切り上げ、さあ、東京駅発18:03の熱海行きの新幹線に飛び乗りましょう!

熱海では、さっそく非日常が待っていた

熱海駅に到着した19:00前、すでに夕闇がせまっていました。駅からホテル専用の送迎バスに乗り、走ること約20分。熱海の高台に建つ「星野リゾート リゾナーレ熱海」に到着です。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ暗がりに浮かび上がる、鮮やかなエントランスの明かりが印象的。(C)Loco Yoneda

早々にチェックインを終え、まずは客室へ。案内された客室は、120㎡もある広々とした和洋室タイプのテラススイートルームです。オーシャンビューのテラスからは、熱海の街と海が一望できます。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さスタイリッシュな洋室。テラスからは、四季を通じて、熱海の花火も眺められる。(C)Loco Yoneda 184192-03客室の一角にある和室。大の字で寝ころべる空間があるのは、嬉しいポイント。(C)Loco Yoneda

「夜景を眺めて、ここで美味しいお酒を一杯・・・」
いやいや、それにはまだ早い!ここはまだ、贅沢な時間の入り口にすぎません。時刻は19:30、ディナーのため、ツリーハウスへと向かいます。

贅沢すぎることこの上なし。ツリーハウスでの貸切りディナー

ホテルに隣接する森のなか、存在感を醸し出している樹齢300年ほどのクスノキ。ツリーハウスは、このクスノキの上にあります。ツリーハウスクリエーターの第一人者・小林崇氏が手掛けた、日本最大級のものだそう。

ツリーハウスへと繋がるウッドデッキは、眩いばかりにライトアップされ、異世界への扉が開かれたような、幻想的な光景。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

わずかな灯りを頼りにクスノキの階段をのぼり、ツリーハウスに到達すると・・・キャンドルの灯火に彩られた、たった一組のディナーテーブルが!

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

専属の給仕さんに促され、席につくと、夢のようなディナー・コースの始まりです。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

スパークリングワインで乾杯をしてから、春のフラワーサラダ、バケットとペースト、伊勢海老のブイヤベースをゆっくりと味わいます。そして、食後には、ツリーハウスの中でスイーツ・プレートをいただきました。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ春のフラワーサラダ。(C)Loco Yoneda 【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ伊勢海老のブイヤベース。(C)Loco Yoneda 【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さプレートのスイーツは、熱海の銘店のスイーツを厳選。 (C)Loco Yoneda

お料理の美味しさもさることながら、初夏の森の香り、木のざわめき、虫の鳴き声を全身に感じながら、時を忘れて、心いくまでツリーハウスとディナーを堪能した、忘れがたい至福の時、と言えるでしょう。
しかし、夜はまだ終わりません。ディナーの後も、ぜいたくな夜更かしは続きます。

キャンドルナイトで熱海の夜景を楽しむ

ディナーを終えて、スイートルームへ戻ると、そこには思わぬ演出が! 熱海の美しい夜景を客室から楽しめるようにと、テラスにはキャンドルによる光の演出が施されていました。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ
眼下に広がるのは、熱海の夜景。輝く熱海の夜に、気持ちも華やぎます (C)Loco Yoneda

また、夜更かしを想定してのごとく、室内のテーブルには、スパークリングワインと塩チョコレートが用意され、小腹が空いた時のためにおにぎりの軽食も控えているという、粋な計らい。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ塩チョコレート。(C)Loco Yoneda

夜景を眺めながらお風呂に浸かった後、その夜は、遅くまで話に花が咲いたのは、言うまでもありません。

朝寝坊OK、リゾート感溢れる屋内ビーチのブランチ

昨晩の夜更かしのせいか、すっかり朝寝坊。目覚めたのは、朝の光が頬をさすころ。スイートルームでモーニングコーヒーを飲んでから、朝10:00頃、ブランチが用意されている屋内ビーチ「ソラノビーチ Books&Café」へと足を運びます。

ソラノビーチに着くと、早々に通されたのは、白いカーテンで囲まれた、白砂を敷き詰めたカフェの一角。カーテンを開けると、そこには、リゾート感溢れる空間。食事のペースに合わせて、見た目にも鮮やかなブランチが次々に運ばれてきます。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

ブランチ・メニューは、ヨーグルトやオムレツ、パンを始めとして、伊豆地域の名産でもある“ぐり茶”を使ったトースト、季節のスムージー。ちなみに、ソラノビーチでのブランチは、このプラン限定なのだそう!

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda 【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda 【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

ブランチの最後には、ハンドドリップの淹れたてコーヒーが振舞われます。ビーチチェアでくつろぎながら、香り高いコーヒーとともに、流れる時間をかみしめた、極上のひとときでした。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

さて、ソラノビーチを後にして、再び客室へ。このプランはレイトチェックアウト(13:00)のため、ブランチの後でも、二度寝ができるほどの余裕があります。

せっかくなので、テラスで穏やかな海を眺めながら、チェックアウトまでを過ごすことに。チェックアウトまでの名残惜しい気分が一層、熱海の景色を胸に残します。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

そして、迎えたチェックアウト。送迎バスに揺られ、14:00に熱海駅に到着です。その後、熱海散策を夕方までしっかり満喫し、帰路につきました。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

なんとも贅沢な非日常を体験できるこのプラン、遊び疲れて帰っても、日曜は終日自宅で休めるのが、さらに嬉しいところです。

でも・・・ごめんなさい! 確認したところ、すでに現時点で、「今日は定時で帰ります ぜいたく朝寝坊編」プランは完売御礼となってしまったのだそう。 ですが、プランのなかで紹介したツリーハウスのある「森の空中基地 くすくす」や「ソラノビーチ Books&Café」は宿泊者ならば利用可能となっていますので、通常の宿泊で訪れるのもオススメ。非日常の空間が、あなたを待っています。

星野リゾート リゾナーレ熱海
https://risonare.com/atami/

「今日は定時で帰ります ぜいたく朝寝坊編」
https://risonare.com/atami/experiences/todayisfixed/

1泊2日で疲れが癒える、魔法の国への扉の呪文は?「今日は定時で帰ります」【星野リゾート リゾナーレ熱海】
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy