ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バーベキューを点数で競う!? アメリカでブームの「スポーツクッキング」

バーベキューを点数で競う!? アメリカでブームの「スポーツクッキング」
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」。5月3日(木)のオンエアでは、日本バーベキュー協会会長の下城民夫さんをお迎えし、アメリカで注目の「スポーツクッキング」についてお話を伺いました!

■肉を食べさせるだけでは、バーベキューとは言えない

晴れ渡った空の下、炭で焼きあげるステーキ肉は格別。大勢で楽しめることもバーベキューの魅力のひとつです。下城さんによると、バーベキュー文化はここ数年で日本でも大きな盛り上がりを見せており、本場アメリカのバーベキューグッズが普及したり、手ぶらでバーベキューができたりと、手軽にバーベキューを楽しめる環境が広がっているとのこと。

下城さんが会長を務める日本バーベキュー協会は、本物のバーベキュー文化を国内に広めるべく発足。「バーベキュー検定」という資格を設けています。座学と試食付きのデモンストレーションがあり、その後、ペーパーテストでの試験を実施。合格した人は、日本バーベキュー協会から「バーベキューインストラクター」として認定されます。このライセンスは、初級、中級、上級、講師などの段階があり、現在は1万人弱が資格を有しているそうです。

本物のバーベキュー文化とはなんなのでしょうか。下城さんによると、「バーベキューは食事じゃなくてパーティー」。人が喜ぶことがいちばん重要で、肉を食べさせるだけではバーベキューとは言えず、対人能力が必要になる、と付け加えました。

■「ステーキを誰が一番上手に焼けるか」コンテスト

さて、アメリカで一大ブームとなっている「スポーツクッキング」は料理をスポーツ化したものです。時間制限のなかでバーベキューをおこない、できあがった料理を審査員が食べて、味や見た目などを点数化するコンテストだそうです。下城さんは「スポーツクッキング」のなかでも「ステーキクックオフ」というコンテストを日本で広めようと活動しています。

下城:これは、ステーキを誰がいちばん上手に焼けるかというコンテストです。ステーキを焼く時間は15分から20分くらいですが、仕込みに時間がかかります。マリネしたりとか。
別所:仕込みによっても出来が変わってくるんですね。
下城:そこが大きいですよね。
別所:それは自由に時間をかけてもいいんですか?
下城:大丈夫です。ただ、肉は主催者が用意して(参加者が)抽選で取っていくんですよ。そこからスタートです。あとみんな肉は同じサイズで同じものです。
別所:へえ。僕は食べにだけ行きたい(笑)。

最後に下城さんにステーキの調理技術のポイントについて訊くと「グリルマーク(焼き目)の角度が重要」とのことでした。

下城:(グリルマークは)普通に格子模様にすると美味しそうに見えないんですよ。アンバランスに斜め45度に傾けることで美味そうに見えるんです。

これからバーベキューを予定されている人は、下城さんのアドバイスを試してみてはいかがでしょうか。また、7月には東京で世界ナンバー1のステーキを決める世界大会が開催されるとのこと。こちらもぜひチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy