ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DVDドライブのトレイ故障を自力修復する方法

DVDドライブのトレイ故障を自力修復する方法

長年使っているとトレイが排出不良を起こしてきちんと開閉ができなくなってしまいまうのがDVDドライブです。光学式のドライブは、プーリーとギアをゴムベルトで駆動させてトレイを排出する構造。ゴムベルトが伸びやすくプーリーの空回りで故障するのです。DVDドライブのトレイ故障を修復する方法を紹介します。

DVDドライブの故障は修理が可能

DVDドライブのトレイ故障は、ネット通販で同サイズのゴムベルトを購入すれば修理は可能。もし、手元に熱収縮チューブがあれば、プーリーに被せて収縮させましょう。応急処置としてはこれで十分です。

今回、トレイ故障を修復したのはパイオニアの内蔵DVDドライブ「DVR-217J」。2009年モデルです。ゴムベルトは、東京・秋葉原の有名パーツショップ「千石電商」で、200~300円前後で購入できます。

実際にDVDドライブのトレイ故障を自力修復する方法は、ドライブの裏側にある4か所のネジをドライバーで外す作業から。底面のカバーを取り外して、基板が見える状態にします。

DVDドライブの故障が解消された

そして、トレイ強制排出のツマミを押してトレイを排出させてください。DVDドライブ側面のカバーも外して、内部パーツ(可動部分)をむき出しの状態に。さらに、トレイを取り除いて修理作業をしやすい状態にします。

ここでプーリーとギアに巻かれたゴムベルトを、1度取り外してください。熱収縮チューブをプーリーに被せ、ドライヤーで熱風を当てます。応急処置なら、そのまま古いベルトをかけ直して終了です。

もし新品のベルトがあれば交換しましょう。これでDVDドライブのトレイ故障を自力修復は完了です。プーリーの空回りが解消され、DVDドライブのトレイが正常に開閉するようになりました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。