ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Yes!高須映え?「高須院長」とツーショットが撮れる「Takastagram」がカオス

 「Yes!高須クリニック」でおなじみの高須院長自らがスマホアプリの素材となって登場している写真加工アプリがカオスすぎると話題です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 このスマホ用写真加工アプリ「Takastagram」は2013年に高須クリニックからiOS用アプリとしてリリースされ、その後Android用にもリリースされているという意外にも息の長いアプリ。一体誰得……??


 とりあえず気になったものは試してみよう、とアプリを検索すると、ありました。筆者はAndroidなのでGoogleプレイで検索したら出てきました。いったいどこが配信元なの……?とすっごく気になったんで、開発元のウェブサイトにアクセスしてみると……何と高須クリニックのアプリ専用サイトが。しかもこのサイト、高須クリニック公式サイトのどこにもリンクされていない。謎は謎を呼ぶ……。何で公式と独立してサイトが存在しているの。

 しかも、このサイトのTakastagramの紹介文「向いのホーム、路地裏の窓、そんなとこにいるはずもない高須院長。でもタカスタグラムならいつでも高須院長と一緒に写真を撮る事ができます。」に何とも言えない気分に。他のアプリも気になりつつも、とりあえずインストール。

 まずは自分の顔でも撮って加工してみよう、とアプリ内で自撮り。そして「Yes!」ボタンを押すと……高須院長の声で「Yes!」と流れ……「高須クリニック」のアノCMロゴが流れると同時に顔を自動認識、自分の顔が高須院長に挿げ替えられました。ツーショットどころか高須院長になった!!!
Yes!高須映え?「高須院長」とツーショットが撮れる「Takastagram」がカオスTakastagram「Yes!」ボタンを押してスタンプ入れてみた

 気を取り直して、せっかく余白部分があるのでスタンプも使ってみました。スタンプは高須院長のドヤ顔や何かを咥えた謎シチュエーションなど多彩なバリエーション。もちろん拡大や角度も自在に変えられます。そして出来上がった写真は……。どう考えてもカオスな仕上がりに。筆者の顔の代わりに高須院長の顔。そしてその筆者の肩に(土足で)立つ高須院長。

Yes!高須映え?「高須院長」とツーショットが撮れる「Takastagram」がカオススタンプもとっても豊富

 他にもすっごくインスタ映えしそうなトロピカルフルーツのパフェの写真で試してみると……、スタンプを駆使するだけであら不思議!ツイッター映えしそうな写真に早変わり。どこを見ても高須院長しかいない上にYes!Yes!言いまくっているカオスにも程がある写真に生まれ変わりました。

Yes!高須映え?「高須院長」とツーショットが撮れる「Takastagram」がカオスインスタ映えしそうな写真が
Yes!高須映え?「高須院長」とツーショットが撮れる「Takastagram」がカオスとってもカオスな高須院長だらけに

 とまぁ、高須院長ファンだけが喜びそうな謎写真アプリ「Takastagram」。皆さんも遊んでみるとカオスな気分になれますよ。

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

ぼく、おねむだから閉店ガラガラ~。子犬の眠い仕草が超キュート
湿布薬で皮膚が大惨事に!安易な薬の使用の危険性と必読の「くすりの説明」
本物そっくり!「換気扇のミニチュアブローチ」がレトロで可愛い

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy