ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google PlayストアをAndroid Studioのエミュレーターで使用する

Android アプリの開発で使用されている Google 提供の統合開発環境「Android Studio」のエミュレーター機能で、Google Play ストアをインストールした仮想マシンを作る方法をご紹介します。
Android Studio 3.0 からはエミュレーターで Google Play ストアを利用することが可能になっており、私たちが普段使っている Android スマートフォンにより近い環境を構築しテストすることができます。
Google Play ストアがあると、アプリの追加や削除が簡単に行えます。
Google Play ストアの導入方法には大きく二つあり、その中でも今回は簡単な方法をご説明します(もう一つは関連アプリの APK を個別に追加する方法です)。
それは最初から Google Play ストアを含む仮想マシンを利用することです。
AVD Manager では現在、Nexus 5、Nexus 5X、Android Wear Round のシステムイメージに Google Play ストアが含まれているので、これらのいずれかを選択すると Google Play ストアの入った仮想マシンが作成されます。
これで仮想マシンを起動後には Google アカウントを追加するだけでアプリの追加や削除が可能になります。

■関連記事
フルスクリーンデザインのプロジェクター付きAndroidスマホ「THOMTOM P1」が登場する模様
Android 8.1 Oreoベースの「LoneageOS 15.1」がリリース開始
Instagramにいじめコメントを自動で非表示にする自動フィルターが追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy