ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元マット・ビアンコの歌姫バーシア、9年ぶり待望のニューALリリース

元マット・ビアンコの歌姫バーシア、9年ぶり待望のニューALリリース

 バーシアが、9年ぶりに発表したアルバム『バタフライズ』が、2018年5月16日に先行リリースされる。

 マット・ビアンコのメンバーとして、ソロ・アーティストとして、数々のヒットを放ち、90年代の女性ヴォーカル・シーンを牽引した歌姫バーシア。2011年にライブ盤『From Newport To London』をリリースし、13年と15年の来日公演で日本のファンにも歌声を届けたものの、オリジナル・アルバムとしては2009年の前作『It’s That Girl Again』以来、実に9年ぶりとなる。

 スタジオ・レコーディングによる新曲が収録される本作には、デビュー以来のパートナー、ダニー・ホワイトとの共同プロデュースで、マット・ビアンコのマーク・ライリーとの共作曲「Matteo」や、インコグニート作品でお馴染みのリチャード・ブルが参加した「Like Crazy」を含む全11曲が収録。ジャズ、ボサノヴァ、ラテンなどをブレンドした洒脱なポップ・サウンドはデビュー以来不変ながら、今回は9年間の様々な想いを詰め込んだかのように、ますます多彩な曲調で楽しませてくれる。本作についてライターの金澤寿和より以下のコメントが届いた。

◎コメント
「約9年ぶりに届けられた、バーシアからのミュージック・ギフト。多彩さを増したサウンドは、よりジャジーで艶やかに…。そして何より、あの頃のバーシアらしいメロディやフレーズが戻ってきた。シティポップやAORの再評価が進む今だからこそ、都市にナチュラル・フィットするバーシア・スタイルを」―金澤寿和 (Light Mellow)

◎リリース情報
『バタフライズ』
2018/05/16 RELEASE
PCD-27036 2,700円(tax out)
※3面紙ジャケット仕様
・日本盤のみ高音質Blu-spec CD2仕様
・日本盤のみ歌詞対訳付
・解説:金澤寿和 (Light Mellow)
Track List:
1. Bubble
2. Matteo
3. No Heartache
4. Butterfly
5. Where’s Your Pride
6. Be.Pop
7. Liang & Zhu
8. Show Time
9. Like Crazy
10. Rachel’s Waltz
11. Pandora’s Box

関連記事リンク(外部サイト)

バーシア来日公演 往年の名曲に聴き入る魅惑のステージ
アンノウン・モータル・オーケストラ、1夜限りの来日公演が決定
LANY初来日ツアー、東京公演を開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy