ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーヒーそのものを「イベント」に変えるコンテナ

コーヒーそのものを「イベント」に変えるコンテナ

仕事の合間にちょっとコーヒーブレイク。そんなときに、コーヒーを淹れる道具は何を使いますか?

コーヒーメーカー派の人もきっと使いたくなる、「人が集まる」ドリッパーセットが登場です。

自然と人が集まる場所になる

コーヒーそのものを「イベント」に変えるコンテナ

この「SAMANÁ」は、コーヒー豆栽培農家の道具にインスパイアされてできた、木製コンテナ。コーヒー豆を収穫したあと、選別するときに使われる作業箱をイメージして作られたもの。

コーヒー産地のひとつメキシコでは、こうしたコンテナのまわりに集まって、飲み物を手に休憩する習慣があるのだとか。農園だけでなく、家庭でもこうしたツールを使ってコーヒーでつながるコミュニケーションを大切にしてほしい、そんな願いが込められていました。

所作に目がいく
おいしい一服のための道具箱

コーヒーそのものを「イベント」に変えるコンテナコーヒーそのものを「イベント」に変えるコンテナ

コーヒーを淹れるための道具はすべてコンテナーのなか。一式収納できます。フタを閉めればちょっとしたテーブルに。その上でコーヒーをドリップできるようにちょうど使いやすい高さになっているのも、もちろん計算のうえ。

コーヒーを淹れる時間が

つながりを生む

コーヒーそのものを「イベント」に変えるコンテナ

誰かのために準備をして、丁寧に淹れる一杯。その間もにコーヒーの香りで人が集まり、会話を楽しみながら、ドリップが終わるのをゆっくり待つ。

お茶を立てるように、ゆっくりとおもてなしをする空間を作ってくれる「SAMANÁ」。コーヒーブレイクの新たな形が生まれそうです。Licensed material used with permission by José Bermúdez Studio

関連記事リンク(外部サイト)

この道具には「一人暮らしのコーヒー好き」に嬉しい仕掛けが隠されている。
「おうちコーヒー」をおいしくする、3つの越えるべきプチハードル
大人のためのベトナムコーヒーは、ロックグラスがよく似合う。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。