ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲームボーイをブラックカラーの大人仕様に改造

ゲームボーイをブラックカラーの大人仕様に改造

ゲームボーイといえば湾岸戦争の爆撃にも耐えたという逸話が残るほどタフな携帯ゲーム機です。とはいえ、子どもが遊ぶオモチャなので、現存する本体の多くは外装の劣化が目立つものばかり。外装を塗装するついでに、各種改造を施して懐かしのゲーム機を現代仕様にバージョンアップしてみましょう。

ゲームボーイをUSB給電に改造する

ゲームボーイは元来の電池の持ちの悪さや音質も気になるところ。ノイズの多いイヤホンジャックをプロサウンド化、さらにUSBで電源供給に改造できれば、イカした最新レトロゲーム機の出来上がりです。

まずはゲームボーイの外装塗装から。本体裏面のY字ネジを外してガワを開けます。液晶用のケーブルが固定されているので、断線しないよう丁寧に作業しましょう。ドライバー使って基板を取り外し、分解するとボタンやゴムを取り除けます。

液晶パネルカバーを外したらガワを掃除し、ムラにならないように塗装。カラーはつや消しブラックを使用します。劣化の激しい本体がブラックカラーの大人仕様に変身しました。

ゲームボーイのプロサウンド化改造

続いては、ゲームボーイのプロサウンド化改造です。音源のラインはボリュームから取得します。ボリューム根元の5ピンは、外部アンプを通す場合は1・2ピンから、本体のみで完結させる場合は3・4ピンから音を取ってください。本体左下にイヤホンジャックを固定して配線します。

最後はゲームボーイのUSB給電改造です。基板左上にある外部電源端子から「+」と「-」を取得。イヤホンジャックの隣にコの字の切り欠きを作って、USB端子を設置するためのスペースを確保します。

電源とUSB基板を配線して、電池ケース裏に固定。これでUSB給電に対応したゲームボーイの出来上がりです。単3形乾電池が不要となり、地球に優しい仕様になりました。

関連記事リンク(外部サイト)

エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy