ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

連続で食べると75時間ずっと息キレイ!? 大容量ボトルで自分用シェア用の二つの開け方ができる『クラシエ フリスク ネオボトル フレッシュミント』!

一粒食べると息キレイが30分続くという触れ込みの大型ミントタブ「フリスク ネオ」に大容量ボトル入り『クラシエ フリスク ネオボトル フレッシュミント』が誕生。普通の大きさじゃスースーが足りないというスースーフリークのためのドカンとした存在感はデスク上でもすごく目立つ!

「フリスク ネオ」もいいんだけど、すぐなくなっちゃうんだよね、というヘビーユーザーのための”これでどうだ”感

「フリスク」人気黎明期、ミントタブと言えば、小粒の錠剤というのが定説だった。しかしそのスースーに慣れてしまった人々は、どんどん大型のタブレットを求めるようになる。各社いろいろと大粒化にしのぎを削っているが、元祖ミントタブ「フリスク」も、「フリスク ネオ」として大型製品を投入。

いつの間にかミントタブってそこそこ重いよなと感じていたところに、決定版登場。クラシエフーズ『クラシエ フリスク ネオボトル フレッシュミント』(150粒入/105g・実勢価格 税込648円・2018年4月9日発売)は、もはやドカンとした存在感の大容量ボトルタイプ。もはや持ち歩く気もしない据え置き型とでも言いたい製品だ。

30分間スースーと息がキレイになるのが売りの「フリスク ネオ」なので、単純計算で30分×150粒で75時間のスースーが実現できるというわけだ。もはやいっときたりともスースーしないでいられない人のための製品か?

味は通常の「フリスク ネオ」と同じ。3層構造で辛すぎて舌を傷めない程度の強力ミント感が持続する。この『クラシエ フリスク ネオボトル フレッシュミント』のすごいのは、開け方が2通りあること。通常のくちばしタイプの1粒ずつ出すタイプは直接手に触れずにみんなに分け与える時向け。そしてふた全体をがパッと開けると思う存分まとめて取れる個人専用開け。

もし何だったら普段持ち歩いている「フリスク ネオ」通常サイズに詰め替えてもいいのかなとも思う。どちらにせよ、デスクに置いておけば、周囲にたかられまくらない限り、当分持つのがうれしい。全国のコンビニエンスストア、駅売店 / 全国のスーパーマーケット、ドラッグストアなどで入手可能だ。

他にもずーっとグレープ味を楽しみ続けられる「フリスク ネオボトル グレープ」もあり。

関連記事リンク(外部サイト)

『フリスク ネオ(フライトニングミント/ブルーミングチェリー)』村上隆コラボのドクロや笑う花も出る傑作品
『メントス キャラメルチョコ』思ってたんと違う!スースーしない新感覚でキャラメル×チョコのハーモニー
流行りの大粒タイプ『ミンティアエクスケア ハーブミント / ミルクミント』は充実ののど飴機能が新しい!
2.5倍サイズにイースター用、変わりチョコボール『大玉チョコボール<ピーナッツ>ホワイト/チョコボール<カスタード味>』が楽しい!
辛さが従来比1.5倍になって再来襲した『カラムーチョちくわ』。確かに辛い、辛すぎる!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy