ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実写版『アラジン』でウィル・スミスが演じるジーニーは、アニメ版とどう違う?

実写版『アラジン』でウィル・スミスが演じるジーニーは、アニメ版とどう違う?

米ディズニーが1992年に公開されたアニメーション映画『アラジン』の実写版を制作すると発表したとき、果たして、故ロビン・ウィリアムズによるランプの魔人、ジーニーの存在感を出せるのか、という疑問が上がった。

しかし、実写版を支えているクリエイティブチームは、ジーニーがとても有能な人物の手に委ねられたと満足しているようだ。米ディズニーの重役キャサリン・タフトは、米ラスベガスで行われたシネマコンのステージで、様々な役柄を演じて来たウィル・スミスが、ジーニーを自分なりの解釈で演じ切ったことを明かしている。

「誰もロビン・ウィリアムズのあの演技を再現することはできないし、してほしくないわ。ただ、(ウィル・スミスのジーニーは)テレビシリーズ『ベルエアのフレッシュ・プリンス』と映画『最後の恋のはじめ方』の要素を少しずつ持ち合わせ、さらに偉そうな態度をしているとだけ言っておきましょう」。タフトが言うように、ロビン・ウィリアムズのジーニーを真似すべきではない。

シネマコンで限定公開された映像によれば、ジーニーは新しく生まれ変わったようだ。米エンターテインメント・ウィークリー誌が伝えるところによると、ウィル・スミスは装飾された青いローブを着て、ジーニーを象徴する重力に逆らったポニーテールを頭に付けていたという。

実写版『アラジン』は2019年5月24日に全米公開予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ミシェル・ファイファー、女王役として『マレフィセント』続編に出演交渉中
マーベル、2025年までのMCU作品をすでに計画中!?
ドウェイン・ジョンソンが、クリス・プラットとの映画共演をSNSでほのめかす
ライアン・レイノルズ、アベンジャーズへの仲間入りを拒否される!?トニー・スタークから届いたという手紙を公開
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がすでに達成した記録の数々

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。