ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オービスの速度測定は最大で5%の誤差があった

オービスの速度測定は最大で5%の誤差があった

無人式のスピード取り締まり装置「オービス」は、現場では速度測定と撮影を行うだけ。撮影されたナンバーを元にクルマの所有者に通知し、違反者を警察署へ呼び出して違反キップを切る仕組みです。はたして、オービスの速度測定は正確なのでしょうか。じつは、オービスの速度測定は最大で5%の誤差があるのでした。

オービスの速度測定の信用性の立証

オービスの速度測定に関して「そんなスピードは出してない」と争うケースがあります。実際の裁判でオービスの速度測定値の信用性を検察はどのように立証するのかを見ていきましょう。

オービスの速度測定の信用性の立証は、どの裁判でも決まりきったパターンになります。オービスのメーカーの社員を証人として呼び出して証言させるのです。具体的な証言は次のようなものになります。

「測定の誤差はございます。誤差の範囲はプラスマイナス2.5%。そこで、生のデータに0.975を掛けたものを測定値とし、かつ小数点以下を切り捨てます」と説明するのです。誤差の範囲はプラスマイナス2.5%ということは速度が2.5%プラスに出る可能性があります。

そこで、あえて生のデータに0.975を掛けることでプラスに出ないように調整。さらに小数点以下を切り捨てることで、より速度が低く出るようになっていると説明しているわけです。

オービスの速度は最大で5%の誤差

すなわち、オービスの速度測定値は実際の速度と同じか最大で5%低く、かつ約1km/h低く表示される誤差があるということ。速度がプラスに出ないように、あえて5%の誤差を設定しているわけです。

オービスの速度測定値を争う裁判で、メーカーの証人は必ずこうも付け加えます。「測定が終わると同時にタイマーを作動させ、測定地点(測定終了から数m先)へ車両が到達した時にカメラがシャッターを切ります。測定地点には印(小さな白線)があり、車両の先端がそこへ差しかかった時に撮影します」と説明するのです。

「本件の写真はちょうど撮影地点で撮影されておりますので、測定値は正確だったといえます」と証言。もし実際の速度がオービスの測定値より遅ければ、撮影地点より手前で撮影されることになっているはずというわけです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy