ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【栃木】家族・子連れのおでかけに!親子で楽しめるおすすめ観光スポット14選

美濃が原森林公園

おでかけが楽しくなるこの季節、休日になると子ども達はどこへ行こうかワクワク!今回は、栃木県で家族、子連れ旅行にぴったりな、親子で楽しめるおすすめ観光スポットをエリア別にご紹介致します。

江戸ワンダーランド日光江戸村で変身体験をしたり、水陸両用バス、乗馬体験などの普段できないアクティビティに挑戦したり…。どこも子どもが喜びそうな楽しいスポットばかり!ぜひ今度の家族旅行の参考にしてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

<目次>

■日光エリア

■鬼怒川エリア

■湯西川エリア

■塩原エリア

日光エリア

山や森に囲まれた豊かな自然と、歴史ある温泉が魅力の日光エリア。新緑に抱かれて、乗馬や釣り体験などでアクティブに遊ぼう!

1.美濃が原森林公園

かわいい動物とふれあい、子どもから大人まで夢中!

美濃が原森林公園親子での乗馬や、引き馬体験など多彩なメニューから選べる 自然に抱かれた霧降高原にある公園内の動物ふれあいコーナーでは、ウサギや馬などの動物たちとの貴重なふれあいが楽しめる。スタンプラリーができるハイキングコ-スもあり、ファミリーで盛り上がりそう。美濃が原森林公園ウサギやハリネズミなどの動物とのふれあい♪ 美濃が原森林公園ツリーハウス発見!スタンプラリーは200円

ランチにもピッタリ!ドキドキ、釣り初体験。

美濃が原森林公園 釣った魚は、囲炉裏で焼いて召し上がれ!

\美濃が原森林公園内/

公園内の釣り堀では放流が行われており、イワナやヤマメ、ニジマスの釣りを体験。釣った魚を囲炉裏で焼いて食べるおいしさは格別!日光八潮鱒サンドイッチなどが味わえる売店も併設している。 美濃が原森林公園

TEL/0288-53-3111(ホテルジャパン日光)

住所/日光市所野1537-16

営業時間/9時~17時 ※アクティビティ毎に異なる

定休日/入場料500円(未就学児は無料)、乗馬1人乗り1000円、釣り体験700円 ※別途、要釣果料

アクセス/電車:東武鉄道東武日光駅より無料送迎バス10分(詳細は問合せを)

車:日光宇都宮道路日光ICより15分

駐車場/15台

「美濃が原森林公園」の詳細はこちら

2.CAFE&KITCHEN K

まるで隠れ家のように佇む小屋のカフェでひと休み。

CAFE&KITCHEN Kドリンク付きのデザートセット1000円。内容は時季により変わる

オーナーが1人で切り盛りする、こぢんまりとしたカフェ。地元食材を用いたランチのほか、自家焙煎のコーヒーや旬の食材を使ったデザートセットが好評。ディナーは予約のみ受付。 CAFE&KITCHEN K(カフェアンドキッチン ケイ)

TEL/090-4742-9604

住所/日光市所野1550-73

営業時間/11時~17時

定休日/月

アクセス/電車:JR日光駅より徒歩10分

車:日光宇都宮道路日光ICより5分

駐車場/10台

「CAFE&KITCHEN K」の詳細はこちら

3.日光市温泉保養センター やしおの湯

明るい陽光が差し込む上質な湯の温泉施設。

日光市温泉保養センター やしおの湯横長の広々とした内湯。湯は無色透明で肌なじみ◎ 日光市温泉保養センター やしおの湯石組みの露天風呂。垣根の向こうには雄大な自然が

ひっそりとした谷あいに佇む温泉。内湯は窓ガラスから陽の光が差し込んで明るく、露天風呂からは、垣根越しに森と山並みが見渡せる。とろりとしたお湯は、肌触りバツグン! 日光市温泉保養センター やしおの湯

TEL/0288-53-6611

住所/日光市清滝和の代町1726-4

営業時間/10時~21時(入館~20時30分)

定休日/木(祝の場合、翌平日)

料金/入浴料中学生以上510円、小学生250円、乳幼児無料、65歳以上340円

アクセス/電車:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅よりバス13分、清滝一丁目より徒歩11分

車:日光宇都宮道路清滝ICより5分

駐車場/77台

「日光市温泉保養センター やしおの湯」の詳細はこちら

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy