ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミシェル・ファイファー、女王役として『マレフィセント』続編に出演交渉中

ミシェル・ファイファー、女王役として『マレフィセント』続編に出演交渉中

『マレフィセント』の続編には既にアンジェリーナ・ジョリーとエル・ファニングの出演が決定しているが、ミシェル・ファイファーとエド・スクラインが交渉出演中と『Variety』誌が伝えた。

『Variety』誌によればミシェル・ファイファーは女王役、エド・スクラインはヴィラン役として検討中とのことだ。監督は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』を手掛けたヨアヒム・ローニングが務める。

ファイファーはここ数年、米ドラマ『嘘の天才 ~史上最大の金融詐欺~』や映画『オリエント急行殺人事件』、『マザー!』、そして『アントマン&ワスプ』(2018年8月31日に日本公開予定)に出演するなど大忙しだ。

一方のスクラインは、以前にも『デッドプール』で悪役を演じている。『トランスポーター イグニション』への出演でも知られる彼は、『ゲーム・オブ・スローンズ』では初代ダーリオ・ナハリス役を演じた。また、「ホワイトウォッシュ」だとして問題になったことを受け、『ヘルボーイ』のベンジャミン・デミオ役を自ら辞退したことで称賛の声を集めていた。ベンジャミン・デミオは日系アメリカ人の設定でアジア系俳優に役を譲ったのだ。

2014年に公開された『マレフィセント』の世界興行収入は7億5,850ドル(約829億円)を達成しており、この成功こそが、ディズニーを昨今の実写版製作路線に導いていると言える。例えば『シンデレラ』や『美女と野獣』、『ジャングル・ブック』、そして近日公開される『ライオン・キング』(2019年7月20日に日本公開予定)、『ダンボ』(2019年3月29日に全米公開予定)などが挙げられる。

我々が『マレフィセント』続編に関するニュースを聞いたのは2017年10月で、続編の撮影は2018年初頭からスタートするという話だったが、まだ撮影は開始されていない。Variety誌によれば、2018年年内にはクランクインするとのことだが、作品の詳細やプレミア試写の日時については言及していない。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

マーベル、2025年までのMCU作品をすでに計画中!?
ドウェイン・ジョンソンが、クリス・プラットとの映画共演をSNSでほのめかす
ライアン・レイノルズ、アベンジャーズへの仲間入りを拒否される!?トニー・スタークから届いたという手紙を公開
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がすでに達成した記録の数々
『ピーターラビット』上映前に誤ってホラー映画の予告編が流れ、映画館内が大騒ぎに!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。