ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本質に立ち返る「漁港で刺身」

本質に立ち返る「漁港で刺身」

福岡で取材中、プライベートSNSに、とある場所からiPhoneでパシャっと撮った写真をあげたところ、複数の友人からLINEで質問や感想が届きました。

「え、めっちゃ羨ましいんだけど、どこ?」
「こんなことできる場所求めてた!」ってな感じ。

それが、今回のお話「漁港で刺身」です。

獲る→捌く→はい、刺身。

本質に立ち返る「漁港で刺身」 ことのはじまりは、福岡県宗像市の鐘崎漁港にある「鐘の岬活魚センター」。センター内のいけすの中では捕られたばかりの魚が、元気に泳いでいます。本質に立ち返る「漁港で刺身」※元気に泳ぐ獲れたてのとらふく

眺めているうちに
せっかくだから食べたいな、と思い立ち、「やず」をセレクト。
「やず」は、最終的には「ブリ」になる出世魚。
地域によって色々あるみたいですが、馴染みのあるところでいうと
順番的には「やず」→「ハマチ」→「ブリ」という感じです。

刺身でとお願いしたら……

こうなって、本質に立ち返る「漁港で刺身」 こうなって、本質に立ち返る「漁港で刺身」本質に立ち返る「漁港で刺身」本質に立ち返る「漁港で刺身」 こうなりました。本質に立ち返る「漁港で刺身」

もう、本当に一瞬!
見事すぎる手捌きを追うのも束の間のこと。
あっという間に、やずが刺身になりました。

で、どこで食べる?って話。
(※鐘の岬活魚センターはあくまで販売店です)

 

鐘の岬活魚センターを出ると、すぐそこは海。
「せっかくなら食べて行きましょうか!」ってことで、
こうなったわけです。本質に立ち返る「漁港で刺身」

ちょっとベンチを借りてきて、取材でお邪魔した5人で刺身を囲みました。

「いただきます」

本質に立ち返る「漁港で刺身」

このボリューム感、結構じゃありません!?
この時の「やず」は、1匹1300円。刺身料金 プラス300円(※料金は魚のサイズにより変動)で、刺身状に捌いてもらえ、わさびと醤油、お箸が付いてきます。

食べ始めてからは5人が5人とも「旨い」「最高」のオンパレード。そんな言葉しか出てこないくらいには「漁港で刺身」の魅力にどハマりしていました。

夢中で食べて、船着場から玄界灘を眺めて、
満足感で満たされたところで片付けをして撤収しました。

本質に立ち返る「漁港で刺身」

帰り際、鐘の岬活魚センターに戻り、
「おいしかったです」と伝えたところ

「生きものやけんね〜」

の、ひと言。

とても感慨深いものがありました。
正直いうと、魚を捌くところで目を背けたくなる場面が何度かありました。でも、普段から海の恵みを享受していること、そして、私自身、刺身が大好きであることに変わりはありません。

単純に海で刺身を食べられる(環境がある)ことは、とても貴重だと思いました。と同時に、鐘の岬活魚センターからの一連の流れがあっての「漁港で刺身」こそ、魚を食べることの本質に触れた“最高の体験”であることを噛み締めました。本質に立ち返る「漁港で刺身」

ごちそうさまでした。

「鐘の岬活魚センター」
住所:福岡県宗像市鐘崎778-6
TEL:0940-62-1570
営業:8:00〜16:00
定休日:水曜日

▪️活魚は鐘崎漁港で水揚げされたものが日替わり。
三枚おろし 無料、刺身はプラス300円〜(魚のサイズによる)

Photo by JAPAN LOCAL取材協力:宗像市

関連記事リンク(外部サイト)

この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験
ゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬け
今、知っておきたい宗像のパワースポット

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。