ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『美女採集』に登場した桐谷美玲、ゆりやんレトリィバァ、和田アキ子の輝きの源とは? 大事なのは…

『美女採集』に登場した桐谷美玲、ゆりやんレトリィバァ、和田アキ子の輝きの源とは? 大事なのは…
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE SELECTION』。4月29日(日)は、『J-WAVE SELECTION RADIO BIJO SAISHU』(ナビゲーター:グローバー)をオンエア。アーティスト・清川あさみさんの世界観にインサイトしました。

清川さんはといえば、大人気アート『美女採集』シリーズが有名です。針と糸を使い、写真に刺繍を施すという独特な技法で多くの作品を生み出してきました。これまでに200名以上の美女を採集した、清川さんのライフワーク的作品とも言えるこのシリーズ。今年記念すべき15周年を迎え、現在、表参道ヒルズで個展「ADASTRIA 美女採集 by ASAMI KIYOKAWA」が開催中です。新たに、水曜日のカンパネラ・コムアイさん、ダンサーの菅原小春さん、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさん、芸能生活50周年を迎えた和田アキ子さんら4名の美女を採集しています。

■清川さんに訊く、『美女採集』の定義

まずは清川さん本人より、『美女採集』の定義、そして個展の見どころをお訊きしました。

清川:(『美女採集』は)「今、最も輝いているな」と自分が思う人の写真を撮って刺繍を施すという、その人の本質を、理由を紡ぐようにアートにしていくシリーズです。(個展は)『美女採集』シリーズの旧作から新作まで、そして『美女採集』シリーズをはじめたきっかけになるような、本質的な作品が全て並んだ展覧会になっています。

■桐谷美玲、周りばかりが輝いて見えた

オンエアでは、「美」の定義を「輝いている人」と置き換え、清川さんに採集された美女と、清川さん本人との対談から、輝いている女性たちの「輝きの源」を言葉で採集しました。ひとりめの美女は、昨年採集された女優の桐谷美玲さんです。

清川:私たち、何度も会っているので恥ずかしいんですけど、美玲ちゃんってすごく輝いているなと(笑)。
桐谷:笑っちゃってるじゃないですか。
清川:本当にキラキラしていると思うんですけど、みんなから「輝いている」って言われることはありますか?
桐谷:あまりないタイプなんですよ。
清川:美玲ちゃんが雑誌やテレビに出るときは、ものすごくキラキラしている。だけど、目の奥がいろいろ見えている感じの、少し冷静な美玲ちゃんを感じることがあって。
桐谷:昔から、突然客観的に自分を見たりする癖がある。子供の頃から。
清川:キャピキャピしたイメージがないっていうか。
桐谷:割とフラットなんですよ、私。
清川:会うと、安心するの。
桐谷:うれしいです。「何考えているかわかんない。何にテンションがあがるの?」とよく言われますね。
清川:一応(テンションは)あがっているよね?
桐谷:あがってますよ。私の中ではとてもあがっているし、楽しいと思っていても「フラットだよね」と言われることが多いですね。

「ピュアに正直に自分を出している人が好き」だという清川さん。そのため、桐谷さんと初めて会ったときに「安心した」と振り返ります。清川さんは桐谷さんに輝きを見出しましたが、桐谷さん自身は「輝いているね」と言われても、素直に受け止められないよう。
桐谷:私のことを見て「輝いているね」って言ってくれる人がいるなら、全否定ですよ。私が思うキラキラしている人って、すごくアクティブで自分を見せるのが上手で、社交的なイメージを持っているので。私はその真逆で、とにかく家にいるのが好きだし。ソファに寝転がってテレビを見たり、ゲームをしたり……。買い物に出かけても、気づかれることもないですし。オーラを出したくなくても出ちゃう人っているじゃないですか。そういうのが一切ないタイプ。昔から全然自分に自身を持てないタイプで、周りばかりがかっこよく、キラキラ輝いて見えていたんですよ。『Seventeen』をやったときも、「なんで普通の千葉の高校生が、こんなに可愛い人たちに囲まれて、どうしたらいいんだろう」って戸惑いのほうが全然大きくて。

■今、周りはどう見える?

清川:今は?
桐谷:「東京ガールズコレクション」とかに出させてもらうんですけど、今も「この順番で歩くのは私じゃないんじゃない」とか思っちゃいます。
清川:それは絶対みんなびっくりするけど、そういう気持ちって大事な気がする。環境に流されていないなって思うけどな。
桐谷:そういう風に捉えてくださる方もいるし、でも、向上心がないと思われなくもないじゃないですか。そんなこともないんですけど。

『美女採集』での桐谷さんのテーマは「ベンガル」。「好奇心旺盛な猫ちゃんで、少し臆病で繊細なところがある」ということで、清川さんは「こうして美玲ちゃんを知れば知るほど、あのテーマは合っていたんだな」と振り返りました。桐谷さんも、採集された時は「ついにきた!」と嬉しかったそうです。

■桐谷さんの輝きの源は?

清川さんは最後に、桐谷さんに輝きの源を質問しました。
桐谷:正直であること、は大事かもしれない。自分で輝いているという意識は全くないですけど、正直でいたいと思うし、素でいたいときもたくさんあるので、そこは自分の中で大事にしています。

■ゆりやんレトリィバァ、和田アキ子の輝きの源

オンエアではその他、清川さんとゆりやんレトリィバァさん、そして和田アキ子さんとの対談も紹介。おふたりは、『美女採集』の新作で採集されており、ゆりやんレトリィバァさんはエボシカメレロン、和田アキ子さんはマンモスがテーマです。清川さんは、桐谷さんと同様におふたりにも輝きの源をお訊きしました。

ゆりやん:輝きの源って考えたことがないので、分析します。(方程式で)私をXとして、お笑いをYとして……。二次関数に……ああ! わかりません(笑)。でも、(輝きの源は)やっぱりこういうのをやっているとき(今)ではないでしょうか? ふざけているときでは。

OK繧・j繧・s繝医・繧ッ繧、繝倥y繝ウ繝.jpg

和田:人とのふれあいだね。この仕事をしていると、知らない人と接する時間って短いんですよ。私なんかドア・ツー・ドアで、マンションから車に乗って仕事場に行って、スタッフと会って、終わったら行きつけの店でごはん食べて帰って寝る。本当に限られていているから、いろいろなジャンルの人たちと会って、コラボしたり共演すると「あ、こういう考えがあるんだな」と。だから移動中は常にラジオをつけている。若者の音楽もそうだけど、しゃべっている内容だったりニュースもわかるし。輝きっていうのは、人とのふれあいと、自然でいるということ。普通にいることは難しいけれど、自然でいられたら……。輝きかどうかも、全ては人が評価することであって、だから常に誰かの心に引っかかる自分でありたいと思う。

菫ョ豁」蠕悟柱逕ー縺輔s・偵す繝ァ繝・ヨ.jpg

清川あさみさんの個展「ADASTRIA 美女採集 by ASAMI KIYOKAWA」は表参道ヒルズにて、5月6日(日)まで開催中。入場は無料です。気になる方はぜひ個展に足を運んで、清川さんが採集した美女たちの輝きの源に迫ってみてください!

繝。繧、繝ウ_繝ュ繧ウ繧吶ヲ繧壹Φ繧ッ_繧ウ繝偵z繝シ.jpg

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE SELECTION RADIO BIJO SAISHU』
放送日時:4月29日(日)22時−23時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。