ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

​​​​​​​マーベル、2025年までのMCU作品をすでに計画中!?

​​​​​​​マーベル、2025年までのMCU作品をすでに計画中!?

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は興行成績におけるその地位が揺るぎないものであることを再び証明した。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が米国内をはじめ全世界の合計(中国は5月11日公開なので含まれていない)において、これまでの封切り週末の興収記録をあっさりと塗り替えてしまったのだ。しかし、マーベルはその手綱を緩めることなく”次”に狙いを定めているようで、ファンとしては今後数年はスケジュールを開けておく必要がありそうである。

本作品の公開前にマーベル・スタジオのトップであるケヴィン・ファイギ氏はAP通信とのインタビューで、『アベンジャーズ』シリーズが終結したあとも一息入れるつもりはないと語っている。事実、ファイギ氏は、7年後に公開予定の映画について会議を開いたとも語っており、今後のMCUの展開がファンを驚かせることになるのは間違いないだろう。

「私たちはいつも先のことを考えています。ライバルがマーベルを捕らえたと思った時には、私たちはもう他の所へ行ってしまっている、つまり、『インフィニティ・ウォー』の次になるアベンジャーズ・シリーズ作品に取り掛かっているということです。今日も2024年と2025年について会議を開いたところですから」

次回作の内容については固いガードがかけられており(マーベルの極秘主義は今に始まったことではないのはご承知の通り)、しかも今年のサンディエゴ・コミコン(SDCC)でもファンにはそのヒントすら与えられない模様だ。ただ、『インフィニティ・ウォー』の反応を見ていると、マーベルのファンはそれが大作であるのなら待つのも苦にならないようである。ファイギ氏やマーベルから更なる情報が明らかにされる日まで、ファンは辛抱強く待つことだろう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ドウェイン・ジョンソンが、クリス・プラットとの映画共演をSNSでほのめかす
ライアン・レイノルズ、アベンジャーズへの仲間入りを拒否される!?トニー・スタークから届いたという手紙を公開
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がすでに達成した記録の数々
『ピーターラビット』上映前に誤ってホラー映画の予告編が流れ、映画館内が大騒ぎに!
デッドプールがヒュー・ジャックマンのSNS動画でイタズラを敢行!「一番グレイトじゃないショーマン」と呼ばれる【映像】

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy