ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

sumika・片岡健太「なだらかな坂のように…」バンドの次なるステップは?

sumika・片岡健太「なだらかな坂のように…」バンドの次なるステップは?
J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「NITTOCHI LUNCHTIME AVENUE」。4月28日(土)のオンエアでは、sumika・片岡健太さん(Vo, G)がゲストに登場。新作『Fiction e.p』などのお話を伺いました。

■「変化し続けること」は変わらない

sumikaは、今年5月にバンド結成5周年を迎えます。昨年は、初のフルアルバム『Familia』のリリースや、楽曲『いいのに』がJ-WAVEの12月キャンペーンソングになるなど、活躍の場を広げた1年でした。

渡辺:この1年が5年の中でもギュッと充実していたんじゃないですか?
片岡:そうですね。1年前と今では環境とか、スタッフチームもちょっと変わったりして、いろいろな変化がありましたね。
渡辺:ライブで他のジャンルのクリエイターと組んだりするスタイルを取っていますけど、そのへんの大きい軸はあまり変わらずという感じですか?
片岡:いろんな方と作品を作っているので、変化し続けていくことが当たり前というか、そこがいい意味で変わってないところですね。

■どれがリード曲になってもいいように…

sumikaは、4月25日(水)に新作『Fiction e.p』をリリースしました。片岡さんは新作について以下のように話します。

片岡:「だいたいこれくらいの時期にリリースしよう」っていうのを、年間スケジュールの中で前から決めていました。それで、ボリューム的にはシングルかなって相談されていたんですけど、シングルってなるとどうしても「シングルとカップリング」になる。「リード曲とカップリング」って、どういうバランスで作ったらいいんだろうかっていうのが、sumikaメンバーはあんまり得意じゃなくて。「これもsumikaだし、これもsumikaだからな」ってところで、じゃあ4曲どれがリードになってもいいように、いい意味で全然似ていない4曲を作ろうってことになって。5周年なので、この4曲で「sumikaというバンドはこういうバンドです」っていうことを伝えられるようにしました。

■sumikaの次のステップは?

sumikaは「sumika Live Tour 2018 “Starting Caravan”」を、5月8日(火)神奈川・カルッツかわさき ホールを皮切りに全国を回り、6月30日(土)と7月1日(日)は、東京・日本武道館にて2DAYSライブを行います。

片岡さんは、sumikaの次のステップについて、以下のように話します。

片岡: sumikaは階段ではなくて、なだらかな坂のように一歩一歩進んでいかないと。僕、3年前に声が出なくなったりして、そこで1回止まっちゃったりしてるので、階段を2段飛ばしすると捻挫するタイプ(笑)。一歩一歩進んでいこうとメンバーとも話しています。

バンド結成5周年を迎えたsumikaの、さらなる活躍が楽しみですね! 新作『Fiction e.p』やツアーの詳細は、公式ホームページにてぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『RADIO DONUTS』
放送日時:土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。