ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「サントス ドゥ カルティエ」が進化!ポップアップイベントを六本木ヒルズ店で開催

GWをいかがお過ごしだろうか。旅行にレジャーにショッピング…休日の過ごし方はそれぞれだが、なかでも時計を愛する人に耳よりな情報だ。

「カルティエ ブティック 六本木ヒルズ店」にて2018年4月27日~5月31日まで基幹ブランドである“サントス ドゥ カルティエ”のポップアップイベントが開催されている。

カルティエ 六本木ヒルズ店にて「サントス ドゥ カルティエ」期間限定ポップアップイベントを開催

サントス ドゥ カルティエとは?

1904年に世界初の実用的腕時計として誕生した“サントス ドゥ カルティエ”が、創造力あふれる現代の男性に向け新しくモダンに進化をとげた。

左)Santos de Cartier_SS 右)Santos de Cartier_YG

“サントス ドゥ カルティエ”は、カルティエの中興の祖といわれる3代目経営者ルイ・カルティエが、飛行船の造船者であり航空界のパイオニアといわれる、友人のアルベルト・サントス=デュモンのために制作したものだ。

当時、携帯用と言えば懐中時計が一般的であり、デュモンが「飛行時に懐中時計を取り出して時間を見ることが難しい」と打ち明けたことが誕生のきっかけ。 この度のポップアップイベントでは、店内にはデュモンの設計による飛行機を思わせる展示や、AR Viewerを利用し、デュモンが飛行を成功させたパリの上空に飛行機を飛ばす体験。さらには店内を一周するデュモンと写真撮影も楽しめる。 また、「デイ・アフター・トゥモロー」や「ブロークバック・マウンテン」、「ナイトクローラー」などに出演する名優、ジェイク・ギレンホール主演による「サントス ドゥ カルティエ」ショートムービーのワンシーンを思わせる”雲”を再現する演出などもあり“サントス ドゥ カルティエ”の世界観を体験できる。

時代の先駆者であったアルベルト・サントス=デュモンの精神、カルティエの革新性。そして、身に着ける者の心をくすぐる人間工学に基づいた機能性や機能美を継承する新生“サントス ドゥ カルティエ”の、エレガンスで110年以上の時代を超えたモダン表現を堪能してはいかが。LEON(レオン) 2018年4月号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。