ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイケル・フランクス、7年ぶりニュー・アルバムが5/23リリース決定

マイケル・フランクス、7年ぶりニュー・アルバムが5/23リリース決定

 世界を代表するAORレジェンド、マイケル・フランクスが、前作『Time Together』以来7年ぶりとなるオリジナル・ニュー・アルバムを5月23日にリリースする。

 前作も傑作だったが、今回も負けず劣らず本当に素晴らしい内容で、トレードマークの<ボサノヴァ×ジャズ・フュージョン>サウンドも、美学の貫かれたメロディも、今もってピュアネスを失わない真綿のような歌声も、どこを切ってもマイケル・フランクスとしか言いようのないスムース&メロウな音世界が広がっている。45年のキャリアを経てもなお、一貫してハイクオリティな作品を紡ぎ続けるマイケル・フランクスは、やはりAOR界の至宝だ。そして本作は、間違いなく2018年のAORシーンを代表するビッグ・リリースとなるだろう。

◎金澤寿和(Light Mellow)氏コメント
「およそ7年ぶり、通算18作目となるニュー・アルバムが登場。
何処までも柔らかな歌声と囁くようなヴォーカル・スタイル、インテリジェントかつナイーヴな表現。
すべてが移りゆくこの世界で、40年以上 何も変わらないマイケルのスタイルは、もはや“奇蹟”と呼ぶしかない」

◎リリース情報
Album『ザ・ミュージック・イン・マイ・ヘッド』
2018/5/23 RELEASE ※日本先行リリース
PCD-27038 2,700円(tax out)
<収録曲>
1. As Long As We’re Both Together
2. Suddenly Sci-Fi
3. The Idea Of A Tree
4. Bluebird Blue
5. To Spend The Day With You
6. Bebop Headshop
7. Where You Hid The Truth
8. The Music In My Head
9. Candleglow
10. Waterfall
<参加ミュージシャン>
チャック・ローブ(g/prod&arr)
ギル・ゴールドスタイン(p/prod&arr)
ジミー・ハスリップ(b/prod&arr)
スコット・ペティート(b/prod&arr)
チャールズ・ブレンジグ(p/prod&arr)
デヴィッド・スピノザ(g)
ホメロ・ルバンボ(g)
ボブ・ミンツァー(sax)
エリック・マリエンサル(sax)
ビリー・キルソン(dr)
ほか

関連記事リンク(外部サイト)

DJ OSSHY、ご当地ミックス・シリーズ第3弾『ROPPONGI AOR』が4月発売 田中康夫コメントも公開
ボビー・コールドウェル、来日ツアーがスタート!“ミスター・AOR”の健在ぶりをアピール
大好評、AOR CITYシリーズ第2弾がいよいよリリース。今回も永井博氏が描き下ろし作品を提供。

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。