ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

泥棒がさわると警音が出るVanMoofのスマート自転車、日本でも発売!

オランダ発のデザイン自転車ブランドVanMoofは、シンプルかつ洗練されたデザインが人気だ。

そのVanMoofがスマート自転車「Smart VanMoof」を発売した。自転車泥棒がさわると、大きな音が出て盗難を防止するという実用的な機能を搭載している。

加えて、修理や盗難の場合の捜索が受けられるサービスを用意しているのもユニークだ。

・警音、次第に大きく

自転車盗難はどこの国でも多発している。オーナーからすると、いざ乗ろうとしたときに愛車がなくなっているのはショックだし、かなり困る。

そこでSmart VanMoofではセンサーやスピーカーシステムを搭載し、勝手に動かそうとすると警音が鳴る仕組みとなっている。しかも窃盗犯が手をかけている間に音は次第に大きくなる。

・アプリで盗難報告も

また、専用アプリも用意されていて、自転車をどこに停めたかをチェックしたり、ライトの明るさを調整したりすることも可能だ。

もし盗難にあった場合、アプリで盗難をレポートするとVanMoofのスタッフが自転車の位置をトラッキングする。

この盗難時の捜索サービスは定額料金を払うと利用でき、この料金にはメンテナンスも含まれる。丈夫で使いやすい自転車、そしてサポート体制と、長期の使用を想定したものといえる。

Smart VanMoofはSとXの2サイズがあり、ギアは3速と8速、カラーはグレーと白から選べる。

すでに日本でも発売されていて、価格は12万円から。ちなみに5月21日までの購入には割引が適用されるようだ。メンテなどのサービス利用料金は月額2500円からとなっている。

VanMoof

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。