ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『孤狼の血』公開間近! 紀伊國屋書店新宿本店で特別展&トークイベント開催

korou_kinokuniya_01

昭和63年の広島を舞台に、警察と暴力団を巻き込んだ凄惨な抗争劇を活写した柚月裕子さん原作の『孤狼の血』。白石和彌監督による映画が2018年5月12日より公開となりますが、それに先駆けて紀伊國屋書店新宿本店で劇中に出てきた小道具や美術セットの様子がわかるパネルなどが展示される特別展が2018年5月5日から開催。同日には紀伊國屋ホールで柚月さんと白石監督に加えて、大上章吾役の役所広司さんを交えたトークイベントを実施されます。

特別展の開催を記念して、13時30分からは柚月さんと役所さんが新宿本店1階入り口前でテープカットでサプライズ登場。14時からのトークイベントでは『孤狼の血』の魅力や撮影秘話、原作について語られる予定となっています。その目まぐるしいストーリーの展開や、警察・暴力団双方内での葛藤など、人間臭い魅力にあふれた作品だけに、映画を観る前の予習としても一見の価値があるのではないでしょうか。

映画『孤狼の血』「映画公開記念 紀伊國屋書店 新宿本店特別展 開催記念テープカット」

日時:2018年5月5日 13:30~45
場所:紀伊國屋書店 新宿本店1階入り口前(東京都新宿区新宿3-17-7)
出席:役所広司(映画『孤狼の血』主演 大上章吾役)・柚月裕子(映画原作『孤狼の血』著者)

角川文庫創刊70周年&映画『孤狼の血』公開記念トークイベント

日時:2018年5月5日 13:30開場/14:00開演
会場:紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)
登壇者:役所広司(映画『孤狼の血』主演 大上章吾役)・柚月裕子(映画原作『孤狼の血』著者)・白石和彌(映画『孤狼の血』監督)

映画『孤狼の血』公式サイト
http://www.korou.jp/ [リンク]

(c)2018「孤狼の血」製作委員会

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。