ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。

自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。

茨城県 > つくば市

思ったわけです。

街の自転車屋さんなら、その街のいい場所をいろいろと知っているかもしれない。自転車が好きなら、その街のいろんな場所を走って来ているはずだから、って。

それならいい人がいますよ、ってつくばの人に紹介されたのが彼でした。

福田さ〜ん

自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。

つくばにあるサイクルショップ「タスサイクル」の店長・福田さんです。代官山とか、原宿とか、もともと東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って越して来ちゃった人。

でも、いろんな街を走ってみて、移住先にこの街を選んだって言うんですね。つまりそんなふうに彼を引きつけたものが、この街にはあるんです。

だから、それをひも解くために、少しだけ教えてほしいことがあります。

福田さんがおすすめの場所。お気に入りの道や風景。それを辿りながら話しませんか。

「いいですよ。つくばはね、本当に、いくらでも遊べる街ですよ!」

木漏れ日の中を駆け抜ける
並木道

自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。

まずはね、ここを走りました。筑波大学の各施設の間を通る並木道、「かえで通り」。

「通勤ラッシュの時間帯を避けて通ると、のんびり走れていいと思います」

今回走ったのは2月半ばくらいでしたが、木々に葉っぱのある季節は、木漏れ日が綺麗だそうですよ。紅葉の時期もいい感じ。自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。

「つくばって平坦なので、ライフスタイルでも自転車を使える町。僕はもともと都内や神奈川の方で店をやりたかったんですが、やりたいような店がもうそこにあって、今そこであえてやる必要はないかもって思ったのと、つくばのフィールドの広さに惚れました」

TX(つくばエクスプレス)に乗ったらあっという間。ハッとしたら目の前には研究学園の街が広がってて、筑波山も見えて、つくば、なんかすげーなって。奥さんの用事に付き合ってたまたまつくばに来た時に思ったそうです。

しかも、街なかを見渡したら自転車屋がやたらが多い……激戦区だ、需要がある、ここだ!っていう流れね。

「実際お店出すのにいろいろとリサーチはしたけど、つくばのこの辺は、東京みたいなもんでよそから来た人も多い。だから、土地のしがらみも少なくて、新しいことをはじめやすいのかもしれませんね」

自転車を愛する人が
多い街

自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。

かえで通りを抜けたら、静寂と緑の中、厄除けの神様で有名な「一ノ矢八坂神社」前を通過。

「つくばって、国の研究機関や企業も多いので転勤族も多い。どうせまた転勤になるかもしれないからと、車じゃなくて自転車買う人が多いとかで」

海外の方も多いから、合わせて自転車人口が高いというわけですな。

「あとはお客さんと話していると、子供の教育に熱心な方が多い印象。車ではなく、自転車に子供を乗せてあちこち行くことで、暑い、寒いを自分の肌で体感させたいって」

車はエアコンあって快適だけど、幼心に親の自転車の後ろに乗せられて走った記憶って、結構ずっと残るもの。そういうものを、意識的に残したがる人が多いんですって。

雑貨屋さんみたいな
自転車屋さん

自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。

ところで福田さんのお店って、“自転車屋さん”というより、“雑貨屋さん”という感じですよね。

「なんとなく雑貨屋ってふらっと入れるじゃないですか。でも自転車屋は敷居が高いというか……なんかこう頑張って入んなくちゃ行けない感じがありますよね。そういうんじゃなくて、面白いものないかな〜って気軽に遊びに来てもらえる店を目指してます」自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。

つくばはレース思考のお客さんも多いけど、自転車は遊ぶ道具、お店はそれを手に入れる場所という価値観でやっているんだそうです。

遊べる本屋はヴィレッジヴァンガード。遊べる自転車屋はタスサイクル。そんな感じでお願いします。自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。

ここは…ここは…いいっ!

その後、一気に筑波山の方まで向かいました。そして次のポイントが、今回、個人的に一番ささった風景。自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。

ただひたすらにまっすぐな田んぼ道。駆け抜けてください。道の向こうに見えるのは、筑波山……ではありませんが、駆け抜けちゃってください。最高に気持ちいいから。(筑波山も左の方に見えますよ)

その後は、鎌倉から戦国時代にかけて茨城県南地域に勢力をもった小田氏の拠点、「小田城跡」の脇を走って……。自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。自転車でいろいろな街を走った、そして決めた。「つくばに住む」。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。