ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“地元の活性化”のために世界一周した僕が「TABIPPO学生支部」をオススメする理由とは?

こんにちは、TABIPPO学生支部の大阪で活動しているネギと申します!

今回の記事では皆さんに、4年間TABIPPOにお世話になった僕だからこそ語れるTABIPPO学生支部の活動をオススメする理由をお伝えしたいと思います。

 

「実家の農家を継ぐ」という決められたレール


プロフィール:あだ名が”ネギ”と言うのですが、本名は「田口しゅんじ」です。1994年生まれの24歳。 京都の田舎、久御山町に長男として生まれました。

え?なんでネギ?と疑問を抱く人がほとんどだと思うので、まずは自己紹介から始めます。

将来は「実家の農家を継ぐ」という決められたレールの上を歩く人生しかなかった僕に、新たな選択肢をくれたものがこのTABIPPOでした。 僕の人生はTABIPPO無しでは語れないくらい大きな存在です。

 

初めてTABIPPOに出会ったのは、偶然Twitterで見つけたTABIPPO主催のプレゼンコンテスト「世界一周コンテストDREAM」でした。世界一周への熱い想いをプレゼンで語り、優勝者は世界一周に行けるという、タイトル通り夢のあるコンテストです。

このコンテストに参加し、「地元の活性化」をテーマに掲げたプレゼンで優勝することができました。そして世界一周では、地元のゆるキャラ「ネギーマン」を連れて旅をしていました。

ネギというあだ名はこれが由来しています!

 

旅の経験

世界一周はアジア周遊後、中東を経て、ヨーロッパ周遊、ヒッチハイクでアフリカ縦断、アメリカ横断、南米縦断、オセアニアを周遊し、計51カ国に行きました。日本にいた時は夢もなく、やりたいこともなかった僕は、TABIPPOに出会い世界一周に行き、人生が大きく動き出しました。

世界一周から帰った現在は、同じ境遇の若者に少しでも旅の楽しさを知ってもらおうと、TABIPPO学生支部のスタッフとして旅の魅力を発信しています。

 

活動内容について

昨年度は、僕も過去に出場した「DREAM」という世界一周したい学生の夢を叶えるプレゼンコンテストの運営チームリーダーを務めていました。主な仕事は参加者の募集や面接、そしてプレゼンのブラッシュアップでした。他にもコンテスト参加者の交流会の企画と運営やプレゼンを良くするための合宿なども行いました。

このDREAM運営スタッフの一番の魅力は、同世代の若者の夢を聞き、叶え、そして人生を変えてあげることができる点です。

 

僕も2015年にDREAMに参加しました。その際に旅という新たな選択肢や、コンテストという挑戦する機会を与えてもらい、人生の大きな分岐点となりました。

DREAMの運営スタッフになると、自分が面接を行なった人や一緒にプレゼンのブラッシュアップをした人が決勝に進むこともあります。スタッフという立場で誰か一人に偏った応援などはできないですが、純粋に一人の人間として参加者の夢を一番身近で応援してあげられるというのはDREAMスタッフの醍醐味です。

同世代の若者がプレゼンする姿を見たり、夢を叶えるために必死な姿が間近で見れる場というのはそうそう無く、良い刺激になります。

僕はDREAMの運営スタッフができたことを誇りに思います。

 

活動をしていてよかったこと

まずは同じ目標を持った仲間に出会えたことです。

これまでの人生、チームで何かを成し遂げた経験はほとんどなく、「最後までやり切れた!」という達成感も味わったことがありませんでした。しかし、このTABIPPO学生スタッフの活動はその両方を経験することができました。

 

みんな最初はゴールが見えない状況で活動していたため、モチベーションや方向性にばらつきがありました。しかし、ミーティングを重ねる度にお互いの気持ちが同じ方向に向き、「BackpackFESTAというイベントを成功させる」というゴールにスタッフみんなの力で到達しました。最初はいがみ合っていたメンバーも最後は涙を流しあえる仲にまでなりました。

活動が終わりチームを卒業してからも、バーベキューを開催したりキャンプに行ったりと、彼らは一生の仲間になりました。

また、本来学生では経験できないこともたくさん経験することができました。社会人になってからの必要な考え方を学べたり、数百人の人前に立って話す経験をしたり、WEBマーケティングやイベント企画のノウハウを学べたり。

僕の場合のコンテストチームのリーダーという立場もそうでした。リーダーという立場を経験し、組織のマネジメントを考えたり、全体を見て人に仕事を振ったりと、今までにない経験をしました。今まで自信がなかったことでも、今では逆にこれをしてみたい、あれをしてみたいと自分から挑戦できるようになりました。

学生スタッフの活動は精神的ににもスキル的にも成長できる場所です。

 

最後に

TABIPPOの活動は常に充実していて、楽しく終えることができました。

しかし、楽しいことだけでは最後まで突き進むことはできません。苦手な仕事や嫌いな仕事が誰にだってあります。私にもありました。どのチームにも手間がかかる仕事はありますが、そこはやる気と根性と仲間で乗り越えてください。乗り越えてこそ真のゴールが迎えられます。

 

一人でできないことは誰かに助けてもらおう。そのためのチームであり、仲間です。これが僕が語る、TABIPPO学生支部の活動をオススメする理由です。

この記事を読んでTABIPPO学生スタッフに興味を持った人は、ぜひ一緒に活動しましょう!スタッフ募集記事内にあるフォームから説明会にエントリーしてみてください。


関連記事リンク(外部サイト)

TABIPPO.NETを支える編集部メンバーを募集!
「旅」と「夢」のある人生を送りたい!と願う私がTABIPPOの専属ライターになったわけ
旅を夢見る若者へおくる。日本最大級の旅のイベント”BackpackFESTA”7つの魅力
“旅好きが集まる憩いの場所”TABIPPOライターが働くオフィス大公開!

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。