ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BONNIE PINKにとっての「いい音楽」とは? いきものがかり・水野も感心

BONNIE PINKにとっての「いい音楽」とは? いきものがかり・水野も感心
J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。木曜日は、いきものがかり・水野良樹とお届けしています。4月26日(木)の「DAILY SESSIONS」のコーナーでは、水野とBONNIE PINKさんの対談の模様をオンエア。楽曲を制作するときの様子や、20年の音楽活動における音楽との距離の取り方などについてお訊きしました。

■曲作りとライブ、好きなのは…

水野:ライブなどで人前で演奏したり、パフォーマンスをすることと、ソングライティングとでは、どちらがお好きですか?
BONNIE PINK:ぜんぜん別物ですけど、ライブが好きかな。どちらも重要だけど、デビューした頃は、まだライブの醍醐味が自分でつかみきれてなくて、もう少しソングライティングのほうに重きを置いていた。ライブでしか味わえない“非日常感”はやっぱり快感でもあるし、またそこに戻りたい気持ちがあるので、ライブは好きですね。曲を書くのは、どちらかと言うと苦痛なんですよね。
水野:そうなんですか!? どちらかというと、こもって曲を書かれるイメージがあったんですけど。
BONNIE PINK:こもって書くし、できたときは非常に嬉しいですけど、そこまでがすごく長いんです(笑)。一曲を作るのに、すごく時間がかかるタイプなので、どちらかと言うと“難産”というか、 できた喜びだけを繋ぎ合わせたらソングライティングも大好きなんですけど、どちらが楽しい比重が大きいかと言うと、ステージかなと思いますね。
水野:曲を作るときに、最初にイメージすることは何ですか? 人によっては映像が浮かんでくるとか、ご自分が歌ってるときのライブシーンが浮かんでくるとか、いろいろあると思うんですけど。
BONNIE PINK:どこから書き出すかにもよるんですけど、ライブをイメージしてグルーヴ先行で書くときもあるので、そのときはリズムを最初に組んで、ベースラインを考えて、みたいなときもあるんです。私は入り口がいろいろなんです。
水野:そうなんですね。
BONNIE PINK:「この言葉を使いたい」と思って書き出すこともあるし、そこにいい感じのメロディーが乗っかれば一気にいくし。入り口がいろいろありすぎて……。
水野:パターンが決まってるわけじゃないんですか?
BONNIE PINK:決まってないんですよね。ピアノを使って書くときもあるし、ギターで書くときもあるし、楽器を持たずに頭の中で一曲作ってからコードを起こすこともあるし。

■大事にしたいのは「空気感」

水野:僕はずっとファンなので見てるんですけど、20年間のキャリアの中で、サウンドも変化していくじゃないですか。お話を聞いていると、アルバムを作って、その次のアルバムまでにインプットするというか、違う音楽に触れたりする中で、「このリズムを入れてみよう」とか、「このサウンドを取り入れてみよう」とか、どんどん変化していく感じなんですか?
BONNIE PINK:私にとっては、空気感みたいなものが一番重要なのかなと。映像ともいえるんですけど、こんなイメージ、こんな空気感を曲にしたいっていうのが定まると、わりと早いんですけど、それが見えないで闇雲に書いてると、ずっと完成しないんです。
水野:“空気感”なんですね。 
BONNIE PINK:情景っていうのかな、あとは時間帯とかもあります。夕方っぽい感じとか、夜更けとか、明け方とか。そこから空気感を連想すると、BPM(テンポを表す単位・一分間の拍数)が、なんとなく自分の中で決まってきたり、グルーヴの感じも決まってきたりとか。
水野:想像から出てきたイメージや空気感から、逆算して音にしていく。
BONNIE PINK:そうですね。それに近いのかな。
水野:僕は中学のときに『Heaven’s Kitchen』に出会ってるんですけど、そのときがすごく衝撃的で。一番多感な時期だったこともあって、たぶんBONNIE PINKさんがイメージした空気感を、35歳の自分よりも14歳とか15歳とかの自分は、めちゃくちゃ受け入れてると思います。
BONNIE PINK:ありがとうございます。
水野:14歳のときの経験があるので、空気感というお話をされたときに、「なるほど」と思いました。
BONNIE PINK:匂いに近いというか、匂いの記憶って忘れないですよね。私も影響を受けた音楽があって、今でも聴き返すとそれを聴いてた時代に好きだった服装とかが、セットになって蘇ってきます。曲もその瞬間をギュッと集めたものにしたいというのがあるから、書くときの自分の気分とか、イメージしている絵とかが曲になって、それを人が聴いたときに、同じ絵を思い浮かべてほしいと思うし、「こういう景色のもとで曲を聴くと、きっとハマりますよ」というプレゼンテーションができるかもしれないですね。どこで何時に聴こうが自由なんですけど、フィットする時間帯は曲によってあるかな、と思います。

■音楽との距離感はどう変わった?

水野:20周年を迎えて、さらにそれを超えていって、長いキャリアがあって、プライベートも含めて変わっていくことがあって。音楽に対しての距離感は変わってきましたか?
BONNIE PINK:私も自分がミュージシャンになる前は、いち音楽ファンで、いいリスナーでありたいとずっと思っていて。まさか自分がそのステージに立つほうになるとは思っていなくて、イメージもしてなくて。今も自分以外の人の音楽を聴くときは、仕事モードを極力盛り込まないで、ピュアな気持ちで聴きたいし、ライブも見に行くし。そのときは、「照明いいな」とか、そういう見方をしないようにして。
水野:ついついしちゃいますよね(笑)。
BONNIE PINK:ライブは純粋に楽しませてもらいに行きたいと思う。今でも音楽は心地よくしてくれるものであってほしいし、自分の音楽も人にとってそういうものにしたいっていう思いもあるし、そこはあまり変わらないです。ただ、家で音楽を聴く時間が圧倒的に少なくなっちゃいました。
水野:そうなんですか!?
BONNIE PINK:ミュージシャンになる前のほうが貪るように聴いていて、最近は仕事で音楽に触れる時間もあるがゆえに、家に帰ると「静寂の中で過ごしたい」って思っちゃうんです。
水野:それは何かわかる気がします(笑)。
BONNIE PINK:テレビですらうるさくて。そこが音楽をやり始める前と今とで違うかもしれないですけど、この20年という意味ではそんなに変わらないかなと思いますけど。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy