ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたはラジオ脳 or スマホ脳? 「聴く力」を10項目からチェック!

あなたはラジオ脳 or スマホ脳? 「聴く力」を10項目からチェック!
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。4月26日(木)のオンエアでは、医師、医学博士、脳科学者の加藤俊徳さんをゲストにお迎えし、脳を活性化させるラジオの聴き方についてお話を伺いました。

■キレやすい人はラジオを聴こう

今年3月に宝島社から『脳を強化したければ、ラジオを聴きなさい』を出版した加藤さん。「ラジオは脳にとって最高にいい」と言います。

加藤:ラジオって、人の言葉や音楽を聴いたりしますよね。映像をイメージしたり、音だけで人を理解しようとしたり、考えたり、要するに脳のいろんなところを働かすことができるんですね。
クリス:足りないものを自分で補っていくってことなんですね。
加藤:そうです。それが非常に重要。人は言葉によって自分のことをわかってくるので、耳から言葉を入れることによって、ビジネスも日常の生活もうまくいったりします。

加藤さんによると、キレやすい人は、聴く力が衰えていることが原因のひとつ。本書には「怒りっぽく、必要以上にイライラして、周囲に当たってしまう」という人は、「黙って人の話を聴くことに、ラジオで慣れてみよう」など、トレーニング方法も詳しく書かれています。

また、考え方がカタい人にとっても、いろんな情報が入ってくるラジオはおすすめで、柔軟性アップに繋がるんだとか。

加藤:たとえば、スマホの小さい画面ばかりをずーっと見続けていると、結果的にひとつのことにしか注意がいかなくなるんですね。ラジオだと目と手がフリーになるので、「ながらラジオ」をして、同時にいろんなことをする訓練になります。

■あなたはラジオ脳 or スマホ脳?

さらに「脳の成長に、年齢はあまり関係ない」と加藤さん。以前、80歳の人の脳を見て、その人がドラムを習い始めて1年経ってからまた脳を見たところ、すごく成長していたと言います。加藤さんは、7歳の息子の「脳の成長」を記録しており、その80歳の人の成長ぶりは、息子が小学1年生から2年生になるまでの成長ぶりと、ほぼ同じくらいだったそうです。

最後に、本書にある『脳タイプ診断』を紹介しました。「あなたの脳はテレビ脳? スマホ脳? あるいはラジオ脳?」という診断。10項目あるので、当てはまるものを数えてみてください。

1.電話をしながらメモを取ることができる。
2.大勢の人がいる中で、自分の身近な人の声を聴き取ることができる。
3.電話の声だけで相手の空気を読むのがうまい。
4.音を聴いただけで映像を思い浮かべることができる。
5.会話において、聞き間違えや聞き返しが少ない。
6.お店で店員に話しかけられるのは苦痛ではない。
7.いつも冷静で、滅多にキレることがない。
8.自分の意見や意図を、明瞭に他人に伝えることができる。
9.人とおしゃべりすることが好きだ。
10.声のトーンや抑揚で、話している相手の気持ちを読み取ることができる。

10項目中、8つ以上が当てはまる人はすでに「ラジオ脳」です。脳の中の聴く力が十分にあると言えるでしょう。4〜7の人は、やや視覚優位で、どちらかというと「テレビ脳」。3つ以下の人は、完全に視覚優位の「スマホ脳」です。聴く力を鍛えたい人は、ぜひJ-WAVEを聴いてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy