ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三浦大知「どこかに劣等感がある。でも…」ものづくりをする目的を菅原小春と対談

三浦大知「どこかに劣等感がある。でも…」ものづくりをする目的を菅原小春と対談
J-WAVEで放送中の番組『TDK SUGAR WATER』(ナビゲーター:菅原小春)。4月27日(金)のオンエアでは、前回の放送に続き、三浦大知さんが出演。ものづくりをする上で大切なことや、夢にまつわる話をしました。

【前回はこちら】三浦大知、武道館公演での菅原小春の意外な行動にビックリ!

前回の放送では、三浦さんにダンスに関する思いや個人的な相談など、いろいろな話を訊いた菅原。

菅原:受けたことはないけど、本当にセラピーみたい。今夜も大知さんのラジオです。私はほぼ聞いているだけです。
三浦:いいのかな、それって(笑)。

こうして、今週も和やかな雰囲気で始まりました。まずは、人と人とのつながりの話題に。

■全員に支えられて

菅原:大知さんは、「一緒にいてくれるアーティスト」って感じがします。話していても一緒にいてくれて、それを言葉や心で、もっと広げてくれる人っていうのを改めて感じました。
三浦:嬉しいです。結局、ものづくりもそうだけど、人生は「人と人」だと思うから。この前(菅原が)出てくれた武道館の公演とかも含めて、「これだけの人に支えられてるんだ」って常に思ってる。チケットが取れなかった人や、仕事で行けなかった人もいるだろうから、来られなかった人も含めて。それでも三浦大知の音楽をたくさん聴いてくれたり、エンターテインメントを楽しみに待ってくれている人もいるわけで、そういう全員に支えられている。
菅原:うん。
三浦:そう思うと人のことが好きだよね。人と話をしたり、人と繋がりたい。その表現方法はいろんな方法があるだろうけど、自分がやっていることで、その人の人生に少し触れたいというか、そんな思いはあるよね。小春もきっとそうなんじゃないの ? コネクトしたいというか、人の心と繋がりたいというのは。
菅原:そうなんです。私がここで思っていることを体現して、その気持ちが見ている人の心にどれだけ入っていけるか、って思う。

■ものづくりをする目的

菅原は三浦さんの話を聞いて、その優しさに改めて感心。

菅原:大知さんは優しいんだよね。
三浦:(笑)。
菅原:私、すごくワガママだから。大地さんが優しいところは「小春はそのままでいいんだよ」って言ってくれるときに「そのままでいいんだな」って思える言い方というか、「本当にそう思ってくれてるんだな」って。世の中には心にもない言葉とかもあるじゃないですか。
三浦:そうだよね。
菅原:大知さんは、ずっと同じトーンでいてくれて安心する。
三浦:そういう風に言ってもらえて嬉しいですよ。
菅原:さっきの「みんながいるから自分ができている」って、謙虚な言葉だと思う。すごく嫌になるときとかありますか?
三浦:「自分なんてこんなもん」っていう劣等感は、どこかにある。ライブ映像を見て「全然よくない」「自分が思っている感じじゃない」っていう自分。でも、自分の可能性をめちゃくちゃ信じていて、「こんなもんじゃない」「絶対にもっといろんなことができるはず」って、三浦大知をめちゃくちゃ楽しみにしている自分もいる。
菅原:なるほど。
三浦:自分が思っている感じにできたからといって、それがいいのかどうかはわからないけど、それ(「全然よくない」というような思い)があるから、ものづくりをやるわけであって、「今が最高でしょ」っていうことになったら、今でいいんだからものをつくる目的がないじゃん。
菅原:うん。
三浦:でもそうじゃなくて、ずっとクリエイティブなことをしている人は、きっとどこかに「まだ足りない」という思いがあって、それをなんとか補完しようと思ったり、「もっとこういうことができるんじゃないか」「自分のこういう気持ちを表現するためには、こういう手法があるんじゃないか」と思ったりしていて。クリエイティブって、そういうことを繰り返しやるわけじゃないですか。だから「探究心みたいなものがあるといい」って思う。言葉だと謙虚に感じるかもしれないけど、本当にそう思ってるっていうか。だって、ひとりでできることは限られてるし。
菅原:大知さんは昔からそうだよね。
三浦:考えすぎかもしれないけど、何に対しても思うの。それこそ、この原稿も打ち込んでくれる人がいるし、紙も元々は木じゃん。この木が紙になるまでに、何年くらい育てたんだろうとか思うわけ。林業って自分の代だけでは木が育ち終わらないから、次の世代につないでいくために自分の一生を終えていく人とかもいるわけじゃないですか。ものづくりの先には必ず人がいて、誰かがこれを作ってると思うと「ひとりじゃない」っていつも感じる。
菅原:本当にいい人だよね。嬉しくて踊りたくなっちゃう。当たり前なんだけど、 「当たり前」ってどこかにいっちゃうから。(三浦さんは今)すごく忙しくて忘れがちな、 一番全てを見失いがちな時期なのかなって勝手に思ってたけど「全く逆だな」と(笑)。素晴らしい!
三浦:でも全然眠れてないとか、行き詰まっててうまくいかないとか、そういうときに、「マネージャーさんにあんな言い方しなきゃよかった」って思うときもあるじゃん。「なんでああいう態度取っちゃったんだろう」って思うことない?  それは自分に余裕がないだけで。
菅原:私いつもそれなんです。
三浦:(笑)。
菅原:それを人にやってしまって「自分は最悪」「自分が嫌い」と思って、結局ひとりでいるほうが誰も傷つかないんです。誰かと一緒にいて、誰かを傷つけるようなことを言いたくなかったのに、掛け合いでそういう風になってしまって。だからひとりを選ぶじゃないですか。でも、ひとりの孤独はすごく孤独で、最悪な連鎖が起きて、「どうしたらいいんだろう」って。
三浦:結局、自分を傷つけているという話だもんね。
菅原:本当に余裕がないんだと思います。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。