ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「Q-pot.」デザイナー・ワカマツ タダアキ氏に聞く『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の魅力[オタ女]
  • 映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』FROGMAN監督インタビュー 「誰も見たことのない『天才バカボン』を」
  • エディ・レッドメイン、英アードマン製作のアニメ映画『Early Man(原題)』に参加
  • 【独占記事】パティ・ジェンキンス監督、映画『ワンダーウーマン』の続編に着手
  • オカシな仲間たちと“リアル殺人映画”でスターになろう! 映画『ホラーシネマパラダイス』
  • 韓国映画『殺人の告白』、日本版リメイク映画化が決定
  • ジャッキー・チェンが63歳でもアクションに挑む理由「もう止めておこうと考えてしまうと、本当に何もやらなくなってしまう」
  • 『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』ヒュー・ジャックマン来日インタビュー 海賊・黒ひげ役で「子どもから見た大人」を表現
  • 『味園ユニバース』赤犬インタビュー「トレードで今度は関ジャニ∞のライブに僕が出ます」
  • 映画レビュー:少年少女を救う裏稼業……男を襲う悲惨な光景とは?『ビューティフル・デイ』
  • 映画『二重生活』門脇麦&菅田将暉インタビュー お互いを“観察”してみてどうだった?
  • サメだらけの『東京国際サメ映画祭』始動! サメを食べながら『シャークネード』最新作を観よう[ホラー通信]
  • 『MEG ザ・モンスター』超巨大ザメが“お口パッカ~!”な特別映像解禁 どうするステイサム!?[ホラー通信]
  • 【 Trip to 90’s 】 野生の夜に(1993)
  • M・ファスベンダー出演の映画『スティーブ・ジョブズ』 世界を変えた男の“素顔”に迫る
  • ジェレミー・レナー、映画『Arctic Justice: Thunder Squad(原題)』の主人公の声優に決定

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎 豊も愛したパン屋って? 前野健太が語る池袋のおすすめスポット

尾崎 豊も愛したパン屋って?  前野健太が語る池袋のおすすめスポット
J-WAVEで放送中の番組『FRUIT MARKET』(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO RESIDENCE PARADISE FIELD」。4月28日(土)のオンエアでは、シンガーソングライター・前野健太さんがお気に入りの街・池袋の魅力を語りました。

■池袋で過ごした青春時代

埼玉県入間市出身の前野さんは、東京と埼玉を結ぶ西武池袋線を利用していたそうで、最初に着く一番大きな街が池袋でした。

高校卒業後の18歳頃に、よく池袋に行って古本屋や中古CDショップをプラプラと巡っていたと前野さん。

前野:東口に噴水のある公園があったんですね。今はなんかちょっとオシャレなデッキみたいになっちゃってて、噴水もこの前行ったらなかった。それは非常に残念なんですけど、あそこはすごく覚えている場所です。

公園で寝そべりながら噴水を眺めて「将来、俺はどうしたいんだろう」と考えていたと言います。そんな青春時代を過ごした池袋を、最近また好きになりだしたと話し、理由を以下のように語りました。

■尾崎豊も愛した「名パン屋」

前野:「新文芸坐」っていう、2本立てで昔の映画とかをやっている名画座があるんです。そこに映画を観に行くとですね、時間が30分過ぎちゃうと入れないんですね。なので、1時間くらい時間を潰すときには、目の前にあるゲームセンターに行きます。

そのゲームセンターは、地下に昔のゲームがたくさんあり、そこでひたすら野球ゲームなどで遊んでいると前野さん。「その時間が本当に、今一番好きです」と話しました。

池袋に昔からあるパン屋「タカセ 池袋本店」でパンを買い込んで、そのパンをかじりながらゲームセンターにいる時間がとても楽しいそうです。しかし、「おすすめなんですけど、あんまり来ないでください」と前野さんは続けました。

ちなみに、パン屋「タカセ」は1920年創業の歴史ある店で、パンの他にも洋菓子のテイクアウトがあり、あの尾崎 豊さんもお気に入りの店だったそうです。

■4年半ぶりのニューアルバム『サクラ』について

4月25日(水)にアルバム『サクラ』をリリースしたばかりの前野さん。この『サクラ』というタイトルには、あるエピソードが関係しています。

前野:PHSのメモに、アルバムのタイトル案をいくつか入れていたんですね。とある方とお酒を飲んだときにそれを見せたら「この中だったら『歌泥棒』っていうのがいいけど、『サクラ』がいいんじゃないか」って言ったんです。でも「サクラ」っていうタイトル案はメモに入ってなくて。絶対つけないだろうなと思いつつも、「ありがとうございます」と一応は持ち帰ったんです。でもなんか、日に日に「サクラ」がジワジワきちゃって。ひとつひとつの歌には、メッセージやテーマがあって、今回はベストアルバムのようにアレンジャーの方がいっぱいいたりして。その日本語の歌と日本の花の「サクラ」っていうのが、ものすごくしっくりきちゃったんですよね。

180428_5.jpg

『サクラ』のアレンジャーには、cero・荒内 佑さん、石橋英子さん、岡田拓郎さん、武藤星児さんという豪華メンバーを迎えています。

前野:四者四様という言い方が合っているかわからないですけれど。J-POPから、プログレロックみたいな途中で転調する曲もあったりとか。でもその真ん中には歌が「ドン」とあります。

前野さんのニューアルバム『サクラ』、ぜひチェックしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『FRUIT MARKET』
放送日時:土曜 15時−17時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。