ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岩田剛典の笑顔は取り扱い注意? 映画『ウタモノガタリ』完成披露上映会開催

岩田剛典の笑顔は取り扱い注意? 映画『ウタモノガタリ』完成披露上映会開催

 『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』の完成披露上映会が4月27日、TOHOシネマズ 日比谷にて開催され、EXILE HIRO、別所哲也、山下健二郎、岩田剛典、石井裕也監督、松永大司監督、安藤桃子監督、Yuki Saito監督、平林勇監督、岸本司監督が登壇した。

完成披露上映会写真(全21枚)

 EXILE TAKAHIRO、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、JAY’ED & 鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTY、DEEPの6組による6つの新たな楽曲の世界観を、気鋭の6名の監督がショートフィルムで映像化した本作。登壇した岩田が出演する作品『ファンキー』で、監督・脚本を担当した石井裕也監督は岩田との初タッグについて、「最高の笑顔を持っているということは知っていました。現に会ってみても最高の笑顔だったのですが、殺傷能力が強いので取り扱い注意というか、映画に出てくるのは1回でいいと。なので、その1回が出てくるので楽しみにしていてください。」とコメント。

 岩田は撮影を振り返り、「短い撮影期間だったんですけど、まあ、水まみれになりましたね(笑)。室内のシーンでもまさかの水まみれになり、溺れかけたぐらいの経験もしました。」と、水中で酸素ボンベを吸って外してを繰り返しながら撮影したことを明かし「本当の意味でのスリリングな撮影でしたね。」と話した。

 さらに、『幻光の果て』に出演する山下も、「僕もたまたま水の中に入るシーンが多いんですけど、服を着たまま水深5メートルの中に入って重りをつけて浮かないようにして、ボンベを外してギリギリになったら合図してくださいって言われて。」と水中での演技で苦戦した点を語り、「同じ作品に出てんのかな?ってくらいコメントが同じでしたね。」と、岩田が会場を笑わせた。

◎公開情報
映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』
2018年6月22日(金) 全国ロードショー

関連記事リンク(外部サイト)

岩田剛典、森の中で演じるのではなく“生きた”映画『Vision』の撮影を振り返る
永瀬正敏、岩田剛典、ジュリエット・ビノシュ出演映画『Vision』予告映像&メインビジュアル初解禁
EXILE USA、TETSUYA、“夢の課外授業”で岩手県釜石の子どもたちにダンスレッスン

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy