ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・アルバム・チャート】J.コールが今年最大の初動で堂々の首位デビュー

【米ビルボード・アルバム・チャート】J.コールが今年最大の初動で堂々の首位デビュー

 J.コールの新作『KOD』がNo.1デビューを飾った、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 本作は、2016年12月に発売された4thアルバム『4・ユア・アイズ・オンリー』からおよそ1年半振り、通算5作目のスタジオ・アルバム。その前作含め、これまでリリースした4枚全てのアルバムが、米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)、R&B/ラップ・チャートで1位を獲得し、本作で5作連続の快挙を達成した。尚、2013年の2ndアルバム『ボーン・シナー』のみ初登場1位を逃し、登場3週目に首位獲得を果たしている。

 本作の初動ユニットは397,000で、そのうちアルバムの純粋な売上は174,000枚、ストリーミングによるポイントが215,000だった。2018年に入ってからリリースされたアルバムの中では、ジャスティン・ティンバーレイクの『マン・オブ・ザ・ウッズ』が獲得した293,000ユニット(2月17日付)を大きく上回る最高記録で、ストリーミングも、ミーゴスの『カルチャーII』が保有していた149,000を超える、今年最大の初動ポイントを獲得した。

 ここ1年間の初動ストリーミング・ポイントとしては、ケンドリック・ラマーの『DAMN.』(3億4060万回)、ドレイクの『モア・ライフ』(3億2840回)に次ぐ、歴代3番目となる記録(3億2,670回)。また、『DAMN.』は14曲、『モア・ライフ』は22曲だったが、本作『KOD』はわずか12曲で前2作と同等の視聴回数を獲得したことも注目されている。アルバムの売上枚数は、前述の『マン・オブ・ザ・ウッズ』が獲得した242,000枚に及ばなかったが、セールスの弱いヒップホップ・アルバムとしては、174,000枚という数字はかなり高く、ロックやカントリー・アルバムでも、ここ最近は20万枚近くを売り上げることは滅多にない。

 本作からは先行シングルをリリースしておらず、アルバム発売4日前に米ニューヨークでフリー・ライブを行い、ライブの2日後にSNSで詳細を発表しただけという、わずかなプロモーションだったにもかかわらず、これだけの数字を獲得したということも、彼の人気を物語っている。

 2位にはカーディ・Bの『インベージョン・オブ・プライバシー』が停滞。先週よりも数字は落としたが、3週目にして91,000ユニットを獲得し、ストリーミングを除くアルバムの売上枚数も10万枚を突破した。

 今週3位に初登場したのは、米カリフォルニア州ロサンゼルス出身のロック・バンド=ア・パーフェクト・サークルの新作『イート・ジ・エレファント』。2004年リリースの3rdアルバム『イモーティヴ』から、実に14年振りとなるニュー・アルバムで、デビュー作『Mer de Noms』(2000年)から4作連続のTOP5入りを果たした。本作の初動ユニットは68,000で、アルバムの純粋な売上が63,000枚。前作『イモーティヴ』の142,000枚からは半数近くダウンしたが、アルバムの売れない時代に、14年振りの新作が6万枚を突破したことは快挙。アメリカの他、オーストラリア(2位)、ドイツ(2位)、ニュージーランド(3位)などでも、TOP3入りした。

 4位の『グレイテスト・ショーマン』は、今週で18週連続のTOP10入りを果たし、今週も3位と僅差の68,000ユニットを獲得している。続いて5位には、先週No.1デビューしたジェイソン・アルディーンの新作『リアビュー・タウン』がダウン(38,000ユニット)、6位にはエクスエクスエクステンタシオンの『?』(35,000ユニット)、7位にはシングル・ヒットを連発しているミーゴスの『カルチャII』(33,000ユニット)が先週の8位から浮上した。

 9位にデビューしたのは、ロード・ヒューロンの3rdアルバム『ヴィーデ・ノワール』。ロード・ヒューロンは、米ミシガン州出身のフォーク/ロック・バンドで、Netflix (ネットフリックス) のドキュメンタリー番組や、TVドラマ『オリジナルズ』に楽曲が使用され注目を集めた。2012年のデビュー・アルバム『ロンサム・ドリームズ』は100位圏外、2015年の2ndアルバム『ストレンジ・トレイル』は23位どまりだったが、本作で自己最高位を更新し、初のTOP10入りを果たした。初動ユニットは32,000で、アルバムの売上は29,000枚。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、5月3日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『KOD』J.コール
2位『インベージョン・オブ・プライバシー』カーディ・B
3位『イート・ジ・エレファント』ア・パーフェクト・サークル
4位『グレイテスト・ショーマン』サウンドトラック
5位『リアビュー・タウン』ジェイソン・アルディーン
6位『?』エクスエクスエクステンタシオン
7位『カルチャーII』ミーゴス
8位『マイ・ディア・メランコリー、』ザ・ウィークエンド
9位『ヴィーデ・ノワール』ロード・ヒューロン
10位『ブラック・パンサー:ザ・アルバム』VA

関連記事リンク(外部サイト)

5月5日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
5月5日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
『KOD』J.コール(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy