ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『5月1日はなんの日?』映画『ゴーストバスターズ』主題歌でおなじみのギタリスト、レイ・パーカーJr.の誕生日

『5月1日はなんの日?』映画『ゴーストバスターズ』主題歌でおなじみのギタリスト、レイ・パーカーJr.の誕生日

 5月1日はアメリカのR&B/ソウル界を中心に活躍を続けるギタリスト、レイ・パーカーJr.の64歳の誕生日。

 レイ・パーカーJr.は1954年5月1日、アメリカ・ミシガン州デトロイト生まれ。1970年代半ばから、プロのギタリストとしてのキャリアをスタートさせ、アレサ・フランクリンやハービー・ハンコック、そしてバリー・ホワイトらのバンドに参加。そして1977年には自身のバンド、レイディオを結成し、「スティル・イン・ザ・グルーヴ」「イッツ・タイム・トゥ・パーティー・ナウ」など、珠玉のディスコ/ブギー・ナンバーを放ち、1981年には「ウーマン・ニーズ・ラヴ」が全米ビルボード4位(R&Bチャート1位)を記録、そして全米ビルボードNo.1を記録した映画『ゴーストバスターズ』(1984年)主題歌はソウル・ファンのみならず誰もが知る彼の代表曲のひとつとなっている。また、ソングライターとしてもその才能を発揮し、シェリル・リン、ニュー・エディションらにポップかつ良質なソウル・ミュージックを提供してきた。

80年代から現在まで、日本でも高い人気を誇るギタリストの一人であり、コンスタントに来日も実現。今年3月にもレイ・パーカーJr.&レイディオとして来日ツアーをおこなっている。

関連記事リンク(外部サイト)

80’sDreamがよみがえる夜。レイ・パーカーJr.&レイディオ大阪公演レポート
<ライブレポート>クリストファー・クロス、まるで年代記を垣間見ているような懐かしい記憶を呼び戻してくれる名曲たち
<ライブレポート>ヴィンテージなR&Bに酔いしれる。ブライアン・マックナイトとの夜

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy