ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

引越し先でスマホがつながらない? 「電波サポート24」の効果を検証

引っ越ししたものの「自宅でスマホがつながりにくい」という方もいるのではないだろうか? 実はかくいう筆者も、新居のリビングではスマホのアンテナが1本しか立たないことが発覚した。ネットがつながるのも遅いし、通話もときどき途切れてしまう状況だ。

リビングで電波がつながりにくい 電波状況がよくないiPhone

わが家の場合、窓の側に行けば電波が良くなるため、通話は窓際が中心だ。しかし、これでは仕事の話も大きな声ではしゃべりづらいし、彼女との甘い深夜トークもご近所さんにご開陳ということになる。

電波状況が悪く通話が途切れてしまう様子のライター

スマホは現代人の必需品である。このままではアプリもサクサク落とせないし、仕事の電話にも支障が出る。いや、なにか電波を改善するいい方法があるはずだ!

というわけで、auが提供している電波状況を改善してくれるサービスを利用してみることにした。

auの電波状況改善サービス「電波サポート24」とは?

auの「電波サポート24」とは、自宅で電波が悪いときに連絡をすると、電波状況を改善する専門家「電波サポーター」が無料で自宅に来て、電波対策を行ってくれるというサービスだ。

まずは、auホームページの「電波の改善を要望したい(電波サポート24)」ページにある「電波改善のお問い合わせ」で、住所や電波状況などを入力して、担当者からの連絡を待つ。入力は10分程度で完了し、返信は24時間以内に電話でもらえる仕組みになっている。ちなみにauショップや電話からも申し込みが可能だ。

iPhoneで問い合わせページに住所や電波状況などを入力中の様子

電波サポート24のコールセンターから折り返しの電話があり、希望の日時を伝える。そして当日……。自宅のチャイムが鳴った。ドアを開けるとそこにはスーツ姿の男性が。

申し込みの数日後、電波サポーターがやってきた! 担当サポーターの須郷さん

彼が電波状況を改善する専門家、「電波サポーター」の須郷剛裕さんだ。須郷さんは関東ブロックの担当者で、時には片道4時間をかけて遠方のお客さまの自宅まで改善に行くこともあるという。

電波状況について、つながりづらい状況や場所をヒアリングしてくれるサポーター

まずは電波状況をヒアリング。どのような状況や場所でつながりにくいかを説明したあとに、須郷さんはおもむろに自分のスマホを取り出し部屋の中を歩き始めた。

スマホを手に窓際やリビングなどくまなく電波をチェックしていくサポーター

手にしているのは電波状況を調べる独自のアプリで、回線速度や通信状況がひと目でわかるそうだ。「あー、これは相当悪いですね」と須郷さん。そして大きなトランクを取り出した。

床を傷つけないよう持参したクッションを用意する電波サポーター

このトランクは電波サポーターの必需品。その日に訪問する件数分の電波状況を改善する機器や電波測定器などが入っていて、重い時には10kg以上にもなるそうだ。床を傷つけないようにクッションも持参している。

トランクから出てきたのは機器自体が基地局になる「auフェムトセル」。家に引いてある固定回線につなぐことで小型の基地局になり、電波を飛ばしてくれるという。

サービスの特徴を説明する須郷さんとauフェムトセルを眺めるライター

工事は不要で、簡単に設置できるようだ。さっそく須郷さんが設置してくれた。

「以前は設置まで2週間程かかっていたのですが、今はご利用されている固定回線によって当日設置もできるようになりました」

スムーズに設置をする電波サポーター
1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。