ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だった

愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だった

オレンジジュースではありません、みかんジュースです。

愛媛県八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。

普段コンビニやスーパーで買う紙パックのオレンジジュースに慣れていると、時に本物のみかんジュースはサッパリしすぎているように感じるかもしれません。でもこの味こそが、ホンモノ、と言いたい。

甘ったるいというよりは、自然本来の甘みで、イヤな後味が一切残らないのがいいんです。

最近ではパッケージデザインに凝ったものも多く、目移りしてしまいます。

みかんジュースが
いっぱい

愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だった華まどんな(180ml 500円)

八幡浜のコウ果樹園がつくっている「華まどんな」。

「まどんな」は、愛媛県でしか栽培することが認められていないみかんの品種で、それを一つひとつ丁寧に皮までむいて搾っているそうです。愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だった頂みかんジュースプレミアム(180ml 500円)

こちらは、糖度13度の皮むき果汁「頂 ITADAKI(三代目みかん職人)」。

厳選した小玉マルチ栽培みかんだけを使っていて、一つひとつの皮をむいて搾った、プレミアムみかんジュース。愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だったPure Juice -まどんな-(180ml 500円) こちらは西宇和産で、森農園がつくっている「Pure Juice -まどんな-」。その名の通り「まどんな」を使っていて、糖度13度超の甘さです。愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だった八幡浜 みかんジュース(180ml 380円)

八幡浜の「真穴(まあな)」という地域のみかんを搾った、数量限定のみかんジュース。

鮮度を保っているので、まるで「みかん」そのものを味わうかのような「みかんジュース」です。プレミアム系よりは、少しお得な値段。愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だった

そう。

人生いろいろ、みかんジュースもいろいろ、なのです。

これもみかんジュースかと
思ったら…

愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だった

これは、ドレッシングでした。

八幡浜産の「いよかん」を使ったノンオイルドレッシングで、高知の宗田節と合わせているそうです。

いよかんドレッシングはアレンジしやすいのが特徴的で、サラダだけじゃなく、魚やお肉、冷製パスタなどにも合いますよ。愛媛・八幡浜は「みかんジュース好き」の聖地だった

おまけにもうひとつ。

八幡浜の「八」が、ヒゲのデザインみたいでかわいいこちらは「松岡養蜂所」の、純粋はちみつ「八」。

みかん、さくら、ねずみもち、日向夏、とち、アカシア、などバリエーションも豊富で、全体に共通しているのは、まろやかな口あたりとスッキリした後味。

 

今回紹介したものはすべて、八幡浜の道の駅内にある「アゴラマルシェ」で発見したもの。これでもまだほんの一部ですし、柑橘類が好きな人にはたまらない街です。

関連記事リンク(外部サイト)

創業102年の酒蔵が本気でつくった、極上の「みかんリキュール」
いま、みかんの街で起きている「柑橘レボリューション」
旅行の前にチェックしておきたい愛媛県「八幡浜」5つの魅力

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。