ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デスク周りのカオスも解消!?この「収納システム」は誰にも教えたくない……

 最近、忙しさをいいことに、デスク周りの整理整頓が後回しになっていませんか? いつの間にか地層のように積み重なる書類の山、この伝言メモはいつのだっけ、そして書きたい時に限って見つからない筆記用具……こんな散らかりようでは、作業効率が良くなるわけもない! そんなデスク周りがカオス状態の方のために、北海道美唄市にある模型工具の専門店「スジボリ堂」から、ちょっと便利な「収納システム」が輸入販売されているのを見つけました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

塗料、工具、筆等の様々なツールに対応できる『収納用品』の販売を開始いたしました。種類は全部で18種。ご自分のスタイルに合わせて様々な組み合わせが可能な収納用品となっております。日々、整理整頓された美しいスペースで作業する喜びも感じて頂ければ幸いです。https://t.co/flHzs2hmk7 pic.twitter.com/mrHEB3KUOx

— スジボリ堂 (@sujiborido) April 18, 2018

 収納といえば、ほとんどの方が、100円均一ショップや文具店などでペン立てや、収納ボックスを個別に買ってとりあえず置いただけ……ということが多いと思いますが、これは一味違います。底面や側面に強力な磁石がついた「マグネットシステム」(※一部マグネット非対応)で、ずれることなく積み重ねることができるんです。また、スペースに応じて上下左右に接続でき、後から買い足しても収納の種類を問わず、簡単に組み合わせることができます。


 さらにバリエーションも全部で18種類と豊かで、さまざまな組み合わせパターンで使用可能ときたら、便利すぎじゃないですか! そのせいか、4月18日に発売が開始されてから間もなく、品番によっては在庫分が即完売になるほどの人気だといいます。こちらの商品を輸入販売されているスジボリ堂さんにお話しを伺いました。

 ――こちらの収納用具は、18種類あるとのことですが、どのように使い分けるのでしょうか?

 大きく分けると「塗料収納」「工具収納」「筆収納」になります。
商品名を「ペイントラック」「ペイントステーション」「ペイントハンガー」「ペイントスタンド」としているものは、基本的に塗料を収納するものです。メーカーによって塗料容器の径が異なりますので、ご購入の際は収納する塗料の径をご確認ください。ほかの収納用品につきましては、当店の商品ページの写真を参考に、どのように収納するか考えながら、ご購入を検討いただけばと考えております。既存の用途にとらわれずに様々な使用方法を見つけていただければ幸いです。また、色々と模索して新しいご提案が出来ればと思います。

 ――もともとプラモデルを制作されている方に向けたものだと思うのですが、一般的にはどのような機能が一押しですか?

 近年、模型工具や塗料が様々なメーカーから出ているため、その充実ぶりから収納に困っている方も多いと思います。このシリーズは 、強力マグネットで複数の収納棚を組み合わせることが可能です(※マグネットシステムに対応していない商品もあります)。18種の収納システムを、設置するスペースやお好みにあわせて多種多様にレイアウトできるところが、大きな利点だと思います。 何がどこにあるか一目でわかるデザインで、作業効率が上げられると考えています。

 ――こちらは組み立てに何時間ぐらいかかりますか?

 商品や個人差にもよりますが、15分くらいから60分くらいだと思います。

 今のところ、木製のものだけのラインナップだそうですが、スジボリ堂さんいわく「収納だけでなく、模型制作に役立つ商品を様々な角度から捉えてご提案できるよう尽力していければと思います」とのこと。持ち運びに便利な収納ステーションを作ったり、壁に立てかけられる隙間収納にしたり、デスク周りの余った空間をうまく利用した収納で、作業効率もアップしそうですね。なお、商品はあまりに人気のため記事掲載時点は在庫がなく、次の入荷はGW明けになるとのことでした。

<取材協力>
スジボリ堂(@sujiborido)

(黒田芽以)

関連記事リンク(外部サイト)

猫になりたい願望を叶える「人間用ペットハウス」まさかの登場
PC用4Kモニター日本初の「DisplayHDR 1000モデル」が5月に発売 市川紗椰を起用したWEB限定CM公開
チューブ入りのワサビみたいな蛍光マーカー登場 味見したくなる?

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy