ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーヒーライフの新潮流。自宅で「生豆」をロースト

コーヒーライフの新潮流。自宅で「生豆」をロースト

コーヒー好きのみなさん、自宅で豆を挽くだけで満足していませんか?

コーヒーにどれだけこだわっていても、豆のローストの具合まではコントロールすることはなかなかできませんよね。しかし、豆を生豆の状態から手軽にローストできるアイテムが新たに登場。コーヒー新時代の幕開けになる?

10分以内でロースト完了

コーヒーライフの新潮流。自宅で「生豆」をローストコーヒーライフの新潮流。自宅で「生豆」をロースト

このマシーン「Kelvin」は、スイッチひとつで、コーヒー豆を自分好みにローストできるスグレモノ

使い方は実にシンプルのようで。本体に生豆を入れて、タイマーをセットするだけ。時間はロースト中にも変更可能のようだし、豆の様子を見ながら調整できたりも。

風を使って効率よく熱を加えているとかで、10分以内という超短時間でローストすることができるんだそう。これなら忙しい朝でもギリギリOKでしょ?

ローストが終わったら自動的に冷風で冷ましてくれるので、やけどの心配もありません。ローストは、カップ1〜6杯分まで、幅広く対応しているようなので、一人でも大勢でも楽しめますね。

深煎り、浅煎り……
飲み比べしたい!

コーヒーライフの新潮流。自宅で「生豆」をロースト

これまで、豆の産地や淹れ方を変えることはできましたが、ローストだけは他人の手に頼らざるを得ませんでした。もちろん、自家焙煎用のツールもありますが、焙煎中の煙なんかの問題もありまして。

でも、この「Kelvin」を使えば、コーヒーの自由度が格段に上がりそう。専用のアプリを使えば、いつでも生豆を注文可能というのもNICE。世界中のさまざまな産地の豆が楽しめます。

同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ロースト時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうです。

生豆って、経済的なのです

コーヒーライフの新潮流。自宅で「生豆」をローストコーヒーライフの新潮流。自宅で「生豆」をロースト

しかも生豆って、実はお財布にも優しいのだとか。焙煎されたものと比べると、生豆の価格はほぼ半分以下。毎日コーヒーを飲む人ならこの差は見逃せませんよね。

おいしい、楽しい、しかも安いなんて、いいことずくめ。シンプルで洗練されたデザインも魅力的。コーヒーファンにぜひおすすめしたい「Kelvin」は、kickstarterでクラウドファウンディング中です。Licensed material used with permission by IA Collaborative

関連記事リンク(外部サイト)

コンビニコーヒーは毎日飲んでるけど、自宅で「焙煎したて」は未体験!
長野県の「炭職人」が焙煎したコーヒー、飲んでみたくない?
国別のコーヒー豆の味の違い、答えられる?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。