ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「濱田窯・在る日の益子」展が開催中、貴重なヴィンテージや家物の陶器が並びます

hamadagama-arishihinomashiko_001

濱田庄司の登り窯から生まれた新作も

2018年4月27日(金)から5月6日(日)まで、東京・新宿の「BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO」にて「濱田窯・在る日の益子」展が開催されています。

本展は人間国宝の陶芸家・濱田庄司が生前に使用していた登り窯に火を入れる「濱田庄司登り窯復活プロジェクト」を受けて開催されるもので、同プロジェクトは2015年に続き2回目。陶器の産地である、益子市と笠間市の陶芸家が参加し、交流が行われました。

fennica(フェニカ)ではプロジェクトに参加した一部の作家による作品のほか、濱田窯で眠っていたヴィンテージアイテムや、濱田庄司とその次男・濱田晋作、孫の濱田友緒による作品、fennica別注のアイテムなどが販売されるそう。

益子焼の歴史のなかでも、民藝運動の一環としても、重要な役割を果たしてきた濱田窯。今回は新旧の益子焼に触れ、手に入れるまたとないチャンスです。

復刻シリーズなら数千円から、作家ものでもなかには1万円代で購入できるものもあります。土の質感を感じられる益子焼ならではの風合いを、ぜひ直接ご覧になってみてください。

hamadagama-arishihinomashiko_002 濱田庄司 藍鉄塩釉扁壷 40万円(税抜)/掛合釉方瓶 70万円(税抜) hamadagama-arishihinomashiko_003 濱田晋作 地鉄絵湯呑 3万5000円(税抜)/掛合釉花瓶 28万円(税抜) hamadagama-arishihinomashiko_004 濱田友緒 鉄塩釉刷毛目文打マグカップ 1万円(税抜)/藍鉄塩釉鎬花瓶 4万円(税抜) hamadagama-arishihinomashiko_005 濱田窯 ヴィンテージ復刻シリーズ 2300円(税抜)~ 各2色展開

▽登り窯復活プロジェクト 参加作家の一部アイテム

hamadagama-arishihinomashiko_006 島岡 桂

1978年 栃木県益子町に生まれる。先代(島岡達三)が考案した「縄文象嵌」という技法を引き継ぎ、自分なりの土・釉薬・焼成法を試しながら作陶している。 表面に凹凸のあるデザインや、独特な成形が特徴で各地にて個展も行っている。

hamadagama-arishihinomashiko_007 阿部 智也

高校の在学中に、噴火後の復興の一環として何か特産物作りが出来ないかと考え、焼き物の道を目指す。噴火で得た火山灰や溶岩を釉薬として使用していた。現在は益子に移住し、日常的に違和感なく使ってもらえるよう 装飾に頼らない器づくりを続けている。

hamadagama-arishihinomashiko_008 加守田 太郎

1963年益子町生まれ。高名な陶芸家であった父・加守田章二の影響を受け、1983年作陶を開始。現在も全国各地で個展を開くなど精力的に活動中。「図形を書くのが浮き」という加守田太郎さんの作品は、青を基調にした独特な絵柄が魅力的。子供のために作ったという益子焼のミニカーも人気。

hamadagama-arishihinomashiko_009 木村 文子

大阪芸術大学で陶芸を学び、現在は益子で陶芸家として活動。キャリアも長く、濱田友緒さんをして「独自性もありながらとても益子らしい作家」と言わしめる人。表現の幅も広く日常使いできる作品はとても人気が高い。

濱田窯・在る日の益子

会期:2018年4月27日(金)~5月6日(日)

会場:BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO / 東京都新宿区新宿3-32-6

取扱アイテム:濱田庄司登り窯復活プロジェクトに参加した12名の作品

濱田庄司・濱田晋作・濱田友緒

濱田窯 ヴィンテージ

濱田窯 × fennica 別注アイテム

その他、益子で活動する作り手の作品(木漆工芸家 松崎修、大誠窯 大塚誠一、室田窯など)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

101回目の「益子春の陶器市」! 500以上のブースが出店
目黒のジェオグラフィカでアンティークマーケットとセール、開催
「100年読み継ぎたい本たち」が英国アンティーク空間に出現

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy