ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カラーで見るウユニ塩湖の24時間!あなたは何色のウユニがお好み?

カラーで見るウユニ塩湖の24時間!あなたは何色のウユニがお好み?

こんにちは。新婚旅行で世界一周しながら、カップルトラベラーとして活動しているほっさくら(@hossakuraworld)の桜子です。

世界一周を経験した旅人たちの中でも、ダントツの人気を誇るウユニ塩湖。実際、わたしはウユニ塩湖の美しさが忘れられず、これまでに二度、ウユニ塩湖に訪れたことがあります。

が、また行きたい。そんな風に思わせる魅力がウユニ塩湖にはあります。

最近は、写真集なども多く出版されていますし、メディアでもかなり取り上げられているので、海外に行ったことのない人でも、ほとんどの人が知っていますよね。

わたしが7年前に訪れた時は、旅人しか知らないような場所だったので、この時代の変化には本当に驚きます。

photo by hossakuraworld

そんな誰しもを魅了するウユニ塩湖の魅力ってなんなんだろう?と考えた時に、わたしが頭に浮かぶウユニ塩湖の風景は、幻想的で常に移り変わっていくゆらゆらとしたものでした。

 

例えるなら、オーロラみたいな感覚。もちろん、オーロラほど常に変化するものではありませんが、ウユニ塩湖の景色は本当にいつも表情が違うんです。

自然の織り成す絶景なんですが、海や山ともまた違う幻想的な唯一無二の世界観。

太陽、風、湿度、色んな自然の要素を本当に繊細に映し出してくれるので、見飽きない。だからまた、行きたい。と思ってしまうのかもしれません。

 

そんなわけで今回は、そんな自然界が作り出した奇跡の絶景、ウユニ塩湖の表情をカラーでまとめながら紹介していきたいなと思います。

あなたは、何色のウユニがお好みですか?

 

淡いピンクが幻想的な朝のウユニ塩湖

photo by hossakuraworld

真っ暗だった世界から、ほんの少しずつ視界が開けてくる早朝のウユニ塩湖。そこはまるで天国かと錯覚するほどに幻想的で、美しい。

まだ太陽の姿は見えてきません。うっすらと光が差し込んで、一面淡いピンク色に染まる姿は、地球の誕生を見ているような言葉にできない感覚でした。

photo by hossakuraworld

photo by hossakuraworld

あまりの美しさに、一緒にウユニ塩湖を訪れていたメンバーみんな、しばらく言葉を失ってこの景色に見とれておりました。

でも、そんな神秘的な世界もつかの間。あっという間に太陽が昇ってきて、ウユニ塩湖の表情は一気に変わっていきます。

 

青と白だけの世界!昼のウユニ

photo by hossakuraworld

お昼のウユニ塩湖は、皆さんも1番よく目にする姿ではないでしょうか?晴れていれば、パキッとした青と白だけの世界が現れます。

photo by hossakuraworld

やや霧がかっていると、淡い青と白の世界が映し出されます。

photo by hossakuraworld

雲がある日のウユニ塩湖。風がなければ、本当に綺麗な鏡張りになります。

photo by hossakuraworld

雲のない日のウユニ塩湖。雲のないウユニ塩湖は、ギラギラした印象で、まさに青の世界です。こんな日は、彩度高めの風船なんかを持っていくと、かなり写真映えします!

このまま風船の力で、どこかへ飛んでいけるんじゃないかと思えるような世界でした。

photo by hossakuraworld

お次は、ウユニ塩湖に行ったら誰もが経験するであろうこのポーズ。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。