ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ジョン・ウィック』シリーズ第3作『John Wick: Chapter 3』のあらすじが明らかに

『ジョン・ウィック』シリーズ第3作『John Wick: Chapter 3』のあらすじが明らかに

とにかく早く見たくてたまらない映画が今後目白押しだが、そんな作品の1つが『ジョン・ウィック』シリーズの第3作となる『John Wick: Chapter 3』(原題)だ。製作会社ライオンズゲートが、ラスベガスで開催された「シネマコン」で同作のあらすじとプロモーション用ポスターを公開した。

ポスターについては、ほとんどコメントのしようがない。シンプルに映画のタイトルが記されているぐらいで、作品の何を予告しようとしているのかつかめないが、以下がその画像だ。あらすじとともにご覧いただきたい(いずれもエンタメサイト『Collider』より)。

「ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は2つの理由があって逃げている……1つは全世界で自分の命に1400万ドルの懸賞金が懸けられているため。もう1つは重大な規約違反、つまりコンチネンタルホテルで殺しを犯したためだ。ジョンは、自分に懸賞金を懸けた主席連合の会員を始末したのだった。普通なら全てのサービスが停止され他の会員から死の制裁を受ける”除名”処分が即刻下されるのだが、コンチネンタルの代表ウィンストンがジョンに除名実行まで1時間の猶予を与えていた。ジョンは生き延びるために客商売を利用し、死闘と殺しを繰り広げつつニューヨークからの逃走を図る」

上のポスターは、実際に張り出すものとは考えにくいため、あくまでシネマコン用だろう。来年の劇場公開に向けては、以下のようなポスターを期待したい。

あらすじを読むと、間違いなく前作『ジョン・ウィック:チャプター2』のストーリーからダイレクトにつながっているようで、高まった緊迫感が続いている。

2017年6月には、チャド・スタエルスキ監督が英紙『The Independent』のインタビューに応じ、第3作で描きたい要素について次のように語っていた。

「『主席連合』の仕組みについて盛り込むつもりだ。ジョンの過去と今後の行方についてもね。これ以上は明かせないが、ミスター・ウィックの旅はいい締めくくりを迎えるよ」

そう、第3作が「締めくくり」なのだ。ただし、米Starzが『ジョン・ウィック』のスピンオフとなるテレビシリーズ『The Continental』(原題)の製作を計画していることもお忘れなく。

3部作の最後を飾る『John Wick: Chapter 3』は2019年5月17日に全米公開予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

スカーレット・ヨハンソンがブラック・ウィドウの映画化の噂に言及「おそらく非常に特別な作品になる」
ワールドプレミアで大絶賛!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を一足先に観た人たちの反応
J・K・ローリング、『ハリー・ポッター』シリーズの今後について言及「もう十分語れたと思う」
マイク・マイヤーズ、『オースティン・パワーズ』ミニー・ミー役ヴァーン・トロイヤーの訃報に「彼は明るさの象徴」
『ハン・ソロ』映画、メインキャストたちのクールな画像が新たに公開!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy